カテゴリー「パソコン・インターネット」の278件の記事

無線LAN壊れて NEC ATerm WX3000HP Wifi6 導入

Photo

無線LANが壊れまして、Wifi6なんて 最新の規格のモノを買うつもりはなかったのですが

(^_^;)しかたなく・・・

これまで使っていたのは、コレ

Photo

Apple AirMac Extream 非常に安定していてよかったんですが・・・

毎回 無線LANには苦労していて、これにたどり着くまで 

バッカロー (^_^;)とか IOデータとか 色々購入しましたが

バッカローは最低 数日に一回リセットする羽目に・・・

で、困って 調べると 当時は 沖電気のチップを使ったものが

安定していると。すると NECのAtermか このAirMac

確かに良かったですねぇー (^o^)

Photo

ところが ここ数ヶ月 原因不明で インターネットに行けなくなるという現象が頻発

HUBをリセットしたり、交換したり、設定をいじったり・・・

で、どうもAirMac Extreamが発熱しているような・・・( ´△`)?

色々やって 一旦工場出荷状態に戻そうと ハードリセットして

再設定しようとしたら・・・設定不能・・・orz

Photo

あー もうダメかぁー コレだったのかなぁ〜 原因は・・

ネットワーク機器がハンパに壊れると ブルードキャスト・ストームとかで

そのLAN全体にパケットの嵐が吹いて 輻輳が起きて

通信できなくなることがあるけれど それかもねぇー 

Photo

で、Appleは AirMacとか無線LAN機器からは撤退しちゃったので

さて何にしようか・・・中国の製品はバックドアがあっても嫌だし・・

Apple Storeで販売されている アメリカの LINKSYS のVELOP

しました。メッシュを組むためのシリーズですが 調べてみると

うさぎ小屋(^^ゞ の我が家には1台で十分っぽい

Wifi6のモデルもありましたが、外部回線が 80Mbps程度の我が家では

家庭内だけ速くなってもしかたない・・・

メインの機器は極力がんばって配線して 有線にしてますし

Photo

で 安い方の Wifi5 いわゆる 802.11acのモデルにしました

大体 15000円くらい

小型でいいね ドキュメントがCDで付いているなんて 珍しい・・・

Photo

Ethernetの口が2つあるけれど なんの説明もないのが・・・

Photo

底面にデフォルトのパスワードとか SSIDとかが書いてあります

SWITCHのデザインとか いいね こういうメカっぽいの好きョ

Photo

電源いれる こんな 設定用のSSIDが見えて 接続して設定するんですが・・・

スマホアプリからしか出来ません

公式ページのサポートを事前にしらべたのでは

クラウド経由で 設定できるはずなんですが

アクセスしてみたら そのサービスはやってません・・・と orz

Photo

スマホではこんな感じで やっていくんですが・・

いちいち 待たされるぅー ┐('〜`;)┌

インターネットとの接続点である ルーターは ひかり電話とかもあると

PPPoeの情報も提供されてないので 

以前と同じく ルーターはそのままにする ブリッジモードにしたいんですが・・

Photo

全部ルーターモードで設定してから ブリッジモードに変更する手順のみ

しかも ブリッジモードにした途端 IPが 10点台に設定されて

どうしても なんかやっても設定できない・・・

大体 ブラウザとか PCから IP設定できないなんて・・・凸(`△´#)もう!

ということで その日のウチに ヨドバシさんに返品

ヨドバシさん ありがとうございました m(_ _)m

Photo

で、ASUSか NECのATERMか・・・ということで

ASUSは アンテナが一杯立っていて ウザイので・・・

信頼?の NEC ATREMにしてみました

最高モデルと その次のWX3000HPしかなかったので

安い方のWX3000HPに 21000円位 なんと 2020/5/14に発売されたばかり

ヨドバシさんに悪いから 前よりも高い方にしました (^_^;)関係なかったね・・

梱包を開けてみると 20年くらい 梱包方法かわってないね って感じ (^^ゞ

茶ダンボールの組み箱

Photo

本体の方も 全くデザインされてないというか 基本変わっておりません 

 (^_^;)安定ともいう

一番上の小さなスライドスイッチでモード変更するのも

変わってない BRのブリッジモードにします カチッ とな

Photo

アンテナの数とかの関係でしょうか 分厚くはなりましたね

Photo

背面シールに 色々 デフォルトパスワードとか書いてあります

Photo

電源入れて DHCPでIP振られるので、 振られたIPをルーターで

調べて ブラウザでアクセスすると・・おー! いいねぇー 

これだよ コレ コレ

こうでなくっちゃ・・・(^ o^;)ゞあはは

 

Photo

サクッと IP設定して・・・

 

Photo

サクッと繋がりました \(^o^)/

やっぱ これだよね! NECさん ありがとう! \(^o^)/

 

Photo

もちろんスマホからもできるんですが 見えて安心ネットという機能があって

Wifiに接続された 機器のMAC ADDRESSに名前を登録して 切断など管理ができるようになってます

子供に夜9時まで とかの機能ですが

我が家は ほとんど スタティックにIPを振っているのし

完全管理状態にしているので 結構便利 (^^)

今のところ 問題なし 安定してます (^o^)良かった 良かった

 

| | コメント (0)

Brotherのインクジェット複合機 MFC-J998DN

Photo

予定にない買い物 (^_^;) 新しいBrotherのインクジェット複合機を購入

若い頃は EPSONのプリンタの設計をしていたこともあって、EPSONは

買わない (^^ゞ しばらくキヤノンを使っていましたが 

どうもBrotherのは Macにから使うソフトが 結構充実しているらしい

ということで 以来 Brotherユーザーになって これで3台目

実際 いまでは当たり前だけど ネットワーク経由で スキャンしたり

MacOSへの配慮が とても良かったなぁー と

Photo

で、いままで 使っていたのが Brotherの MFC-695CDN ワイヤレスの電話機1台と

FAXがついたモデルでした

このモデルでの不満点は スマホから印刷できない 両面印刷ができない

スキャンのADFがついてない というところでしたが 当時としては

結構便利で インクの詰まりもなかったし お気に入りでした

で、休みの最終日に 旅行の写真を額に入れようと Lightroomから

印刷したら  インクがダダ詰まり・・・orz

クリーニングをなんど掛けても インクを大量消費するだけ・・・(>_<、)

色々 調べたりしたんですが・・まぁー ちょっともう厳しそう。。

購入年月日を調べたら 2010年6月 ということで ビックリ ( ̄0 ̄;)

10年やん! (^_^;)よくもった・・・  というこか 俺 歳取った orz

Photo

ということで 新モデルの在庫を調べて びっくな カメラさんに

で、今年のモデル  MFC-J998DNを購入 

Photo

なぜか1万円の商品券が出てきたので 出費予定の34000円がすこし減りました (^^)v

Photo

しかし、一回り でかくなったねぇ〜 (・_・;)

両面印刷 ADFが搭載されたから仕方ないか・・・

Photo

開梱すると こんな感じ スターターインクが入ってたけど

インクの量がすくないのかなぁー 一応 1セット買っといたけど

保証期間内は少なくとも 純正使わないとね・・・(^^ゞ

Photo

コピーやスキャンのADFは 20枚までセット可能

やってみたけど すこし用紙が曲がるなぁ〜 (^^;)うーん

Photo

もちろん ガバッと開けられます

このガラスの下も開けられて そこに有線LANを差し込みます

我が家は 確実な有線LAN 信奉者 (^^ゞ

無線ももちろんあるけど・・・

Photo

正面の用紙トレー#1 今回残念なのは A4をセットしたら

ハガキとか L版のフォト光沢紙は一旦 A4を抜かないと

同時セットはできません このトレーの上にCDプリントの挿入口あり

Photo

左側に固定電話機 ビックリなのは 10年前のものと 同じ設計

メクラブタも 同じ型ものだった (^^;

外部電話線もその奥にさします

Photo

後方に 多目的トレーが付きました

ここに ハガキとかをセットする方式

後ろに スペースがいるんだよねぇ〜 (^_^;)

Photo

インクもセットして こんな感じ

インクカートリッジはICチップで武装しているので (^^;)

まだ詰め替えタイプで 警告なしで きちんと認識するものはないみたい

奥行きが足りなくて 後部の多目的トレイを使う時には ちょっと前にださないと

キツイ・・(^_^;)

Photo

正面のLCDパネルは小さいながらタッチパネルになって

大幅に操作がしやすくなりました (^^)

まぁまぁ 分かりやすい

Photo

ブラックボディーがあると 良かったんだけどなぁー

ちょっと主張が強い (^^;)

 

Photo

電話の子機はこんな感じ ちょっと良くなった感はあるけど

ゴムっぽいボタンはイマイチかなぁー

Photo

ソフトの方は・・・Brother iPrint&Scan がこんなデザインで

超フラットデザイン ほぼデザインされてないデザイン (^_^;)

ミニマム志向ね・・・

Photo

スキャンを選ぶと こんな感じで やっぱ ミニマムね

Photo

以前のソフトウエア Brother ScannerApp でも 機種登録すれば

ネットワーク上のスキャナとして 使えました コッチの方が

好みね (^^ゞ

Photo

Macの印刷 ダイアログ 画質の項目はほぼなくて ちょっとなぁー (・_・;)

色調整もない・・

Photo

マニュアルでは プリントドライバーは 

Brother MFC-J998DN CUPSを使えとあったけれど

Lightroomからの印刷では 明るすぎて 調整も効かなかったので

Brother MFC-J998DN-AirPrintにしてみたら 色はほぼバッチリ

プリントダイアログで レイアウトも選べるようになったし

FAX機として認識された (^^)/

Photo

スマホからのアクセスは このBrother iPrint&Scan をダウンしておこないます


 

 

Photo

iPhoneのアプリ からは 下のアイコンをタップします

これは Safariですけれど

 

Photo

スクロールして プリントを選択

Photo

プリンタを選択するわけですが 

プリンタがスリープしている場合には選べないことが多いので・・

 

Photo

1

 

Photo

Brother iPrint&Scan を選んで インクの状況とかみて 

プリンタを起こします (^^)

Photo

そうすると プリンタを認識して あとは印刷するだけ

スキャンやFAXも受信のプレビューもできるみたいだし

結構 活躍してくれそうです (^^)/頼むぜ〜

| | コメント (0)

MacBook Air バッテリー交換 DIY

Photo

たまーーにしか 使わない MacBokk Air Mid 2012  (^^;)

そのバッテリーをDIYで交換しました

珍しく DISKコピーを夜間静かに行うために 出してきたら・・・

ACアダプターさしても充電せず・・・

電源ケーブル抜くと 即落ちる・・・(・_・;)あれ?

Photo

システム情報の電源項目を見てみると・・・

完全充電時 4680mAh だけど 残りの充電量 0mAh (;´∀`)あちゃー

まだ 充電回数 14回しかないのに・・・(>_<、)

で、サードパーティーのバッテリーを Amazonで探し 1000円高かったけど 

Runpower さんのバッテリーモジュールを購入

Photo

意外に早く到着 在宅でしたけど 宅配ボックス 置き配でした 



A1465というモデルで検索すると 2,3種類出てきますが 

口コミが良さそうで 純正より容量が大きいので これに決定

Photo

開けるとこんな感じ マニュアルはなし

Photo

トルクス 2種のドライバー付き

 

Photo

Mac 分解となると 出してくる ドライバーセット

iFixit 54 Bit Driver Kit  これオススメなんですが このモデルはもうほぼないっぽい

でも バッテリーに添付されていた ドライバーが品質よくて 意外にしっかりしてました (^o^)

Photo

MacBook Airの背面のネジを全部外せば パカッ と開きます


左上にコネクタあります 買ったバッテリーで大丈夫そう

Photo

バッテリーもネジを外して コネクタを上に持ち上げれば 簡単に外せます

Photo

買ったバッテリーを見ると 5200mAhとあって 

オリジナルの4680mAh よりちょっと大きい

右側に 輸入とか手続きなどをしたのでしょうか

三葉ソリューション株式会社という名前が見えます

で、ネジを締めて 電源投入 

最初は 何回か 軽く充電を試みてから フル充電してね ということで・・・

Photo

システム情報を確認すると 5350mAhと表示されて さらに大きくなった (^o^;)

Photo

ということで バッチリ復活! \(^o^)/

OSも このあと Sierraから Mojave にアップデートしました (^o^) 快適

 

| | コメント (2)

動画、音声の合体用に動画変換ソフト ff·Works を買ってみた 

Photo

分かる方には 分かる話ですが・・・(^_^;)

音声の無い 動画ファイルと その動画の音声のみのファイルが

このふたつが 別々にあった場合は 当然 それを 合体! 

させたい訳です・・・

で、私が使っている動画編集ソフト Appleの Final Cut Pro X

でももちろんできるんですが 結構手間も時間がかかります・・

ということで 簡単にできるソフトないかなぁー と

探していました

で、見つけたのでがコレ ff·Works

これまた知っている人は知っている 動画変換の有名なオープンソースの

ソフト FFmpeg

というのがあるのですが これはGUIがなくて

すべてコマンドをキー入力して 実行します

これでは 気軽に使えないので 紆余曲折あって

GUIを作ったソフト屋さんがあった

それが この ff·Works

無料トライアルで使ってみて 使える! と思ったので購入

20ユーロでした 約2300円くらい

最初 立ち上げると FFmpeg  をインストールするように

ボタンがでるので そのままインストール

そして 起動すると 上の様な画面がでます

とっつきにくいけれど クリーンな素晴らしいデザインです(^^)

動画ファイルをドラッグ&ドロップします

 

Photo

そうすると 帯のように 動画ファイルが表示されます

Photo

右半分を拡大すると 

左側がソース

その右側が ターゲットになっているので

書き込み形式を指定できます

私は MP4です

動画ファイルに音声を合体するだけなら

触るところは 色で囲んだボタンだけです

まず右側 の緑の枠のスピーカーマークをクリックして

動画ファイルに 音声ファイルをアタッチします

 

 

Photo

すると こんなダイアログがでるので

一番上の Add External File というところに

音声ファイルをドラッグ&ドロップします

Photo

すると こんな感じで 音声ファイルの名前がセットされますので

このまま 赤いボタンで ダイアログを閉じます

OKボタンとかないので わかりにくいですけれど。。。(^ o^;)

Photo

このまま 赤い枠で囲った START ボタンを押しても良いんですが

それだと また動画も 音声も再エンコードが始まって 数分かかってしまいます

そこで 上の画像のように 動画の右側の Videoのボタンを押して

PassThruを選びます

これで 動画はエンコードされず そのまま使用されます

劣化も無いし 何より瞬殺で終了します

Photo

こんな感じ

Photo

同様に音声もPassThruを選びます

これで START ボタンを押すと 1秒かからずに合体が終了します

ff·Works は 動画変換には ほとんどなんでもできるので

沢山の用途があると思います

音声の音量を下げることはできても 上げることができないので

ちょっと残念

あのHandBreakはできるんですけれど・・・

パススルーはできないんだよなぁ〜 ┐('〜`;)┌

と こんな感じ

| | コメント (0)

iPhone や Macでトラッキングをブロック Lock down

Photo

最近  TVを買った時にもらった Google Home Mini

で会話を分析されているのか、それともやっぱり

PayPayなのか 検索やブラウズの履歴 Cookieなのか

ちょっと 話題にしていた ものに関連する

広告などを レコメンドされることが

ちょっと気になってきました

度を過ぎている感 がちょっとあったりして・・(′︿‵。)

 

で、そんな時に・・

Mac版のLock down というオープンソースの簡易Firewallがリリース

されたという記事がありましたので 入れてみました

上のスクショの下半分はVPNで これは有料なのでパス (^o^;)

上半分がFirewallになってます これは無料

電源ボタンみたいのを 押せばONになります

Photo

Block Listを押して ブロックするビルトインされた代表的なトラッキングサイトの内

Facebook Apps以外を全部ブロック

Facebook Appsをブロックすると Facebookが動かなくなります (^ o^;)

Photo

でちょこっと ブラウズしただけで こんなにブロックされました

まぁまぁー Goolge関係のトラッキングがめちゃ多い

まぁー 支配されている感じですね・・・┐(´д`)┌

Photo

ちなみに YouTubeを見ると こんな感じに 下方の

広告エリアが枠だけになりました

広告を選んで 表示しようとしたけど ブロックされた的な・・・(*゚▽゚)ノ

Photo

しばらく使って 問題なさそうだったので・・・iOS版の Lockdown Apps

こちらもVPN以外は無料

ただ インストール後 起動させると 有料のVPNを設定するように

求められるので SKIPするという儀式があります (^o^;)

それとメアドを登録して メアドの確認をして終了 本格起動という流れ

 

Photo

これも Block Listで 同じように設定

Photo

Lockdownをバックグラウンドにまわして 

ブラウズすると あっというまに こんなにブロックされました┐('〜`;)┌

iPhoneの場合 わずかに アクセスも速くなったような気がします

※当社比

MOONGIFT さんが iOS版を解説してくださってますので

詳細はそちらで (^^;)

Lockdown - iOS/macOSを広告/トラッキングから守る

 

ということで ないよりマシ 

ないのと同じ かもしれませんが これで運用してみます

こんな感じ

| | コメント (0)

macOS Catalina 10.15 で データ復旧ソフト TestDisk & PhotoRec を動作させる方法 【備忘録】

SDカードとか CFカード とか HDDとかのメディアで

削除や破損で 読めなくなった時に使っている フリーのデータ復旧ソフト

TestDisk & PhotoRec 7.2 コマンドラインから作業するので 少々慣れが必要ですが

強力です Windows版もあります

でも、macOS Catalinaでは 動作しません

で、さんざん調べて アメリカの

Githubの掲示板で 対策を発見!

やってみたら動いたので 備忘録として・・


最新のTestDisk & PhotoRecをダウンロードして
適当なフォルダにコピーする

コマンドラインの黒いアイコンのPhotoRecをダブルクリックします


ダウンロードしたファイルなので起動できないと警告されます

で、この状態でシステム環境設定の セキュリティーとプライバシーを開いて

一般タブの鍵マークを開けると

Photo

これ やっちゃった 後なんで 出てませんが このページ(^o^;)
PhotoRecをそのまま起動するか?
と 書いてあるので OK

そしてターミナルを開く
そのままでは Catalina 10.15 では動かないので


homebrew をインストールする

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
をコピペして起動

このあたりは 
tesdisk / photorec failed to run in MacOS Catalina #65 に書いてあった
Homebrewをインストールしろと

ダウンロードしながら 2,3分かかって インストールされる
cd コマンドで PhotoRec のあるフォルダまで移動する
私の場合は
cd /Applications/UT/データ復旧/testdisk-7.2-WIP

./PhotoRec
で起動


https://pctrouble.net/software/photorec.html
あとは 私の記事
SanDisk CFカード Read Error でも 書きましたが 


「PhotoRec」の使い方 とか 皆さん 詳細に書いてくださってます (^^)


Photo

 基本的には 対象のデバイスを選んで Proceedで
パーティション を選びます

上の例では 32GBのCFカードを選んでいます

Photo
で、Search

Photo

 ファイルシステムで 「ext2/ext3」を選択し


Photo

 Whole で全体をサーチ Freeだと 消しちゃったところからとか・・・

まぁー Whole が時間かかるけど 無難でしょうか・・

Photo

 で、復元先をフォルダーを 例えば PhotoRec のあるフォルダにする場合は
そのままで Cを押せば 始まります

Photo

Cで保存先が決定

まぁー RESCUEとか 適当にフォルダを作ってそこに保存してもらうのがいいですね
Photo

これサーチ中・・
32GBだと 1時間半くらいかかります

めぼしいものが 出てこなかったら

「Other」を選んでやってみたり 変更すると出てくることが

多いみたい・・

カメラでフォーマットしたぐらいなら 大体復旧できます


こんな感じ

| | コメント (0)

マウス迷走の巻 3 MX Anywhere 2S で決まり

Photo

Logicool MX Master 3 に挫折して (^^ゞ 悩んだ末にこれにしました

Logicool MX Anywhere 2S

今度もなかなかなお値段ですが 大分 スリムです

スリムすぎる という評価もあって悩みましたが・

Photo

Logicool MX Master 3 と同じく Logicool Flow が付いていて

最高3台のPC間をスムーズ ファイルも含めてやり取りできるそうですが

個人的には 使わないけれど・・・

Photo

さすがに こちらはパッケージは標準的ですね 

Photo

変わっているのは パッケージの背面に 充電用の

MicroUSBケーブルが収納されています

Photo

パッケージの表はこんな感じ

なかなか たたずまいがいい感じです

今回は ブラックでなく ブルーにしました

Photo

MX Master 3と違って ホイールを左右に倒す方向のスイッチがついています

Photo

側面 ちょっと 薄いのが 難点ですが

私は VDT症候群 の対策として 椅子をかなり寝かしてPC操作を

するようにしているので これでもOK牧場です

Photo

先頭に 充電用のMicroUSBコネクタがあります

Photo

底面は こんな感じ

こちらも 3台までのパソコンと接続できるようになっています

もちろん ガラス面などの トラッキング精度も非常に高いスペックとなっています

Photo

手との対比 やっぱり若干 薄いかなぁー 

でもまぁー MX MASTER3より全然 いいなぁー

Photo

ソフトウエアでの設定も基本的には同じで 

段々慣れてきました 基本 キーストロークで

設定するのが わかりやすい

ホイールを左右に倒すので ブラウザのタブを左右に切り替えるとか

センターボタンを押すと タブを閉じるとか。。

Photo

便利なのは アプリケーションごとに キーストロークを

割り当てられます (^^) うん これはイイ!

ということで しばらくは これがいい相棒に

なってくれそうです (*゚▽゚)ノ

| | コメント (0)

マウス迷走の巻 2 Logicool MX Master 3 失敗編 (^^;;

Photo

そんなこんなで Logicoolのマウスを調べて 昨年秋に出た 最高モデル

MX Master 3 を調べまくって 買うことに 

でもね これ14000円とかするんですよね・・・(・_・;)

でも、ポイントがあったので なんとかそれを充当しまして・・・

Photo

悩みながらも・・・ゲットしてしまいました 

Photo

実に かっちょいい (^^)

Photo

パッケージの方も 力入ってます (^^)


 こんなプロモーションビデオもあります 

  さすが 最高峰モデル

Photo

ポリ袋にも入ってないお姿で 演出もなかなか

USB Unifyingレシーバーが入ってます

Photo

その他には 充電用のMicroUSBケーブルが付いています

Photo

底面には 3つのデバイスに接続できるようにするスイッチと

ガラス面でもトラッキングできる 高精度なDarkfieldセンサーと 電源スイッチ 

Photo

親指の位置には 進む 戻るなどのスイッチと

水平スクロールなどに使える ホイール

Photo

ホイールは磁気のメカニズムで クリック感のある回転と

スムースな回転を自動や手動で切り替えられます

Photo

さらに 親指の底面にある隙間は ジェスチャースイッチがあります

Photo

AppleのMagic Mouse 2と違って 先端に充電コネクターがあります

Photo

Logi Options で設定もちょっとわかりにくいですが

細かくできます

Photo

トップモデルだけに パソコンにインストールされているアプリを

検出して 割当がプリセットされています

これだけじゃたりないけれど・・・

Photo

で、このLogicool MX Master 3は 一週間使って 挫折したんです ・・・orz

で、何が気に入らないって デカイ! でかすぎる! 慣れるだろう と

高をくくってましたが だめでした・・・(>_<、)

親指の下にある ジェスチャースイッチもビミョーに使いにくい・・・

Photo

ということで 高価なのに お蔵入りになってしまいました (T0T)

大失敗・・・・続く・・・・

 

| | コメント (2)

マウス迷走の巻 1 Logicool M546

Photo

もちろん わたくしは Apple信者でございますので この薄っぺらい

Apple Magic Mouse 2 

を使っているわけですが・・・ 

Photo

乾電池だった Apple Magic Mouse も2になって充電式になったのは良いけれど

充電用のLightningのメスコネクタが底面 にある という体たらく・・・orz

最近 Lightroom や 動画編集では Final Cut Pro X とか ややこしいソフトを

使うし それに 追突されてから やや手もスムースに動かないことがあるし・・

もっと 機能が割り当てられる  持ちやすいマウスがほしい! 

と思うようになりました (^^ゞ

Photo

こんなに ペラペラなんですよね・・スワイプできたりしますが どうもねぇー

トラックパッドは嫌いだしねぇ〜 ┐('〜`;)┌

Photo

Windows のノートPCで使っているのは このMicrosoftのプリミティブなヤツ

Photo

たまーに使うには これで十分 小さな USBレシーバー はなくすと終わりなので

無駄にしたマウスもあるなぁー 

以前は Logicoolのマウスは肌に合わなくて 断然 Microsoftマウス派でした

でも、最近Microsoft はマウスには冷たくなってきたので・・

まず最初に買ったのは Logicoolの安い M546 2500円位で買えます

Photo

安いのに ホイールが左右に倒れるようなスイッチと 進む 戻るすイッチが付いてます

ホイールは クリック感はなくて スルスルまわって好み

サイドのボタンはやや 安っぽい感触 でも安いからね (^ o^;)ゞ

Photo

底面はこんな感じ

Photo

Bluetoothではなく 2.4GHzの USBレシーバー付き

このUSBレシーバーが LogicoolのUnifying というもので

これは無くしても 別売で買えるというスグレモノでした

でも、このM546の問題は HPには Macには対応してないみたい・・

Photo

でも、結局 HPから Logi Optionsと Logicool Control Center

をダウンロードすれば

問題なく 使えました

Photo

Logicool Control Center では こんな感じ 各ボタンに機能を割り振れます

あまり直感的なUIではありませんが 分かってくると 結構いいかも!

って感じ (^^)

Photo

持ちやすいし 機能も結構良い 

でも、Bluetoothに対応していないのでUSBレシーバーで接続

するんですが 私の環境では USBレシーバーが直近にないと

なめらかにポインターが動かないんですよね・・・

やっぱ Bluetoothじゃないとだめだなぁー 

でもまぁー こりゃ Logicoolで もうちょっと良いのを買ってみよう!

と思ったのでした (^ o^;)ゞ 失敗編に続く・・・

| | コメント (2)

パスワード管理 KeePassXC

Photo

ほんと 不思議なのは皆さん 

 どうやってパスワードの管理をしているのかなぁー という事 (^_^;)

まさか 手帳に ということはないだろうし・・(・・;)

私は 2012年に

 KeePass パスワード管理 PC と iPhone iPad との同期

という記事を書いて日本では KeePassとしてはかなり早い方だと思いますが

それから アプリは 少し変わったものの KeePassを使い続けてます

登録しているパスワードや 重要情報は カウントしてみたら 700件近く

あって 自分で驚いたりして・・・(^ o^;)ゞ

有料の 1Password とかもありますが ゴルゴ13風に言えば 特定の会社に預ける程 俺は自信家ではない という感じww

と思っているので Keepassのままです (^_^;)

一応 AES256bitで暗号化されています

まぁーアメリカのNSAとかには無力だと思いますが・・・(・_・;)

あのLotus 1-2-3を開発したレジェンド ミッチ・ケイパー率いる

電子フロンティア財団も このKeePassXCをパスワード管理には推奨

されている と Wikipediaに書いてあります ^_^

 

それに 1Passwordはサブスクで 月2.99US$とかかかりますしね・・

LastPasswordは かつて問題を起こしたし クラウドは結構

信頼できません ┐('〜`;)┌

で、KeePassの方も 色々 変遷があって 有志の方々が 開発を引き継いで

デスクトップ版は KeepassXCになっています

Keepassの世界も進化していて 自動入力も強化されていて

ブラウザ連携もできて Firefoxだと

KeePassXC-Browser なんてものなども結構でています

 

Photo

デスクトップ版は こんな画面で Binary bundle をクリックしてダウンして

インストールするだけ

Photo

最初にパスワードを入力する空のデータベースファイルを適当な名前を

付けて作ります

インポート機能もあります

Photo

金庫(データベース)ができたら その鍵となる マスターパスワードを設定

これひとつだけ 忘れない パスワードを設定します メモ書きもダメ! (^_^;)

で、今年になって 今頃かよ的に追加したのが キーファイル

保護の追加を 選択して・・

Photo

キーファイルを作成します

データベースファイルと キーファイルがセットになっていて

マスターパスワードがないと 開けない仕組みになります

なんか 面倒そうですが 自動化されるので 使い勝手は簡単です(*゚▽゚)ノ

Photo

こんな感じで キーファイルのありか と データベースファイルのありかを設定すれば

デスクトップ版は マスターパスワードを入力するだけで使えます

ハードウェアキーもサポートしているんだなぁー

 

で、データベースファイルは Dropboxに設定すれば スマホと同期できます

このデータベースファイルと キーファイル は 命の次に大事 (^_^; なので

ローカルに多重にバックアップしておきます

Photo

パスワードとか 口座番号とか なんでも ポチポチ入力しちゃってます (^_^;)

Photo

スマホの方は 私は 今 この Keepass4を使っています

これがなかなか良くできていて好みです (^_^)

Photo

こんな感じ

Photo

ファイルを置く場所も クラウドを色々選択できます

個人的には 中国でもアクセスできた Dropboxを使っています

で、Keyfile の方は クラウドでも良いんですが

私は Keyfileは iPhone のローカルに入れています

iPhoneのセキュリティーは しっかりしていると おもっているので

 

Photo

データベースファイルをDropboxを指定して・・

Keyfileは ローカルにコピーしてくるのですが

このKeePass4にはその機能が実装されてます \(^o^)/

Upload From Desktopを選択すると・・・

Photo

こんな感じで 今 iPhoneが接続されている IPアドレスレンジで

このアドレスにブラウザから接続すれば コピーできるよ と。

ついでに DBファイルもローカルにコピーしておけば 

Netがなくても 見られますが 端末依存にはなってしまいます

Photo

ブラウザでアクセスして upload して 最初に開く時に Keyfileを指定するだけ

Photo

すると 初回だけ DBファイルを指定して マスターパスワードを入力するべ

次回からは iPhoneの FaceIDで開けます

Photo

自動入力とか 色々あるけど ジーさんなので コピペで使ってます・・(^ o^;)ゞ

最後に 細かい設定やインストールについては Webに一杯記事がありますが

ちくちくちっくさんの

【Mac】パスワード管理ツール「KeePassXC」(無料)の使い方|「iPhone」との連携方法

とか さらに ディープな情報は・・

やりすぎセキュリティさんの パスワード管理ソフト

が参考になります

| | コメント (0)

より以前の記事一覧