カテゴリー「書籍・雑誌」の9件の記事

ロスト・シンボル 上・下

R0013040

 ダン・ブラウンのロスト・シンボル 上・下巻をやっと読了

 例によって、最終段階までそこそこ面白く、読み進めました

 が、しかし、最後の秘密がぁ〜 という感じ・・(^ ^;)

 たかだか200年の歴史のアメリカが舞台じゃ

 フリーメイソンのお話とは言え、あまり重みがないな・・

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本たち iPodは何を変えたのか?

2008books1

えー潔癖な性格なのか、読み飛ばすことができないので、超読むのが遅いchandraです。ということで最近読んだ本たちをまとめてご紹介。まずは、NAVIとかで有名な下野康史さんの「運転」。文庫本のせいか写真がないのがかなりつらいのですが、いろんな乗り物の運転についてのレポート。全長28mものダブルス・トレーラーなどなかなか特殊なものが特に面白い。しかし、写真がないのはきびしいなぁー (^^;)
2008books2

スティーブン・レヴィの「iPodは何を変えたのか?」。iPodの開発の物語や、シャッフルは本当にランダムなのか?! という話題はしつこくて面白い。confident
2008books3

NHKの手嶋さんとラスプーチンの佐藤優さんのインテリジェンス「武器なき戦争」。 最初のウチはフンフン・・と読んでいくのだが・・なんかこれから先は私たちの本を読んでね・・という感じに思えちゃって・・・(^^;;)
2008books4

で、最後は長女の大学の先生様なので、一応ベストセラーだし・・ということで、坂東眞理子さんの「女性の品格」。これが劇的につまらない・・構成も展開もあったもんじゃなく、ただただご自分の考えをつらつらと書くのみで、蘊蓄もほとんどない・・・実はもう1ヶ月近くかかってます・・・(^ ^;)ゞ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

Google誕生

0702251

本を読むのが遅い(へた とも言う)chandraでございます。(-_-;)>" やっと『Google誕生』を読み終わりました。数学の天才、サーゲイとブリンがGoogleを作り育てる話です。前半の創世とも言える部分と、後半はなかなか面白い。途中の株式公開あたりの話は門外漢のせいもあって、読み進むのも難航・・(-_-;)>" しかし、Googleが自分たちで組み立てたボードコンピュータの集合体というのは聞いたことがありましたが、全世界のWebサイトを保存するということを真面目に考えて実行しちゃう、というのには驚きました。ほぼ間違いなく世界最大規模のコンピュータシステムというのも頷ける話ですね。(^。^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『ボクが教えるほんとのイタリア』

0609211
えーハワイに行ってから読書が停滞ぎみのchandraでございます。
(^_^;) で、途中で止まっていたアレッサンドロ・ジェレヴィーニさんの『ボクが教えるほんとのイタリア』を読み終わりました。ハワイは最高に好きですが、イタリアにも行きたい・・先立つものは全然ない・・仕方がないから本で我慢。というストーリーになっております。2歳頃には半年ほど欧州にいて、イタリアも行ったのですが、バチカンで馬車に乗ったのと、バチカンの尖塔に登ったことしか覚えておりません。それでも良く覚えているもんです・・
0609212
この本は、なかなか面白いのでお勧めですが、日本女性が『趣味はワインですの、オホホ・』なんてイタリアで言ったら白い目! というような事がいっぱい書かれています。アレッサンドロさんは北部出身なので、最後に書かれている、お勧めエスプレッソのお店は、北部の苦い真っ黒タイプのお店が多いようですね。最高点があのセガフレード・ザネッティーであることからも分かります。
0609213
私は今ではセガフレード・ザネッティーもウマイ! と思えるようになりましたが、普通はやっぱり麻布や横浜、品川にあるデル・ソーレさんが好みです。デル・ソーレさんはイリーの赤缶ですから、どちらかというとイタリア南部風です。というのも、デル・ソーレさんのバリスタのボス、横山千尋から直接伺ったので間違いありません。
0609214
本の影響で、久しぶりに麻布のデル・ソーレさんに行きました。ちょっとかっこつけて、『立ち飲みでマキアートをドッピオで』としゃれて頼むと、かつてあった大宮店の店長さんやスタッフのおにーさんがいて話に花が咲きました。
(^_^) 最高にウマイ マキアートは立ち飲みだと350円。あーイタリアに行きたいなぁー
(^◇^;)/ 当分無理・・・あ、それから、右側ペインのX-MENのバッジですが、これをクリックしていただくと、違うメンバーのバッチが表示できるようになるので、クリックして頂けるうれしいです。ちなみにこれは全くアフィリエイトではないので、私の収入になるわけではございません。
ヽ(´〜`;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Google Earth操作・活用マニュアル

06071610
今日はディーラーに行って、異音対策の入庫の打合せ。展示されているBMW Z4 2.5の鍵が開いていたのでちょっと乗り込んでみる。うーん、赤いレザーシートがメチャカッコイイ。
06071611
インパネはそんなにスペシャルな感じがしませんね。ポルシェ・ケイマンの方が好きって感じですが、まだ現物を見たことないし・・・どうせ、ムリですが・・・インド、ゴア在住、あ、いや、出張中のトリバンさんみたいに330とSLKという豪華セットは夢のまた夢だなぁ〜
06071612
ディーラーの後は、またコーヒー豆を調達しにいつもの豆図鑑さんに直行。この暑い中、ガンガン店内で火を焚いて焙煎中。いやぁーお仕事とはいえ、大変です。コーヒー豆1.7Kgをゴッソリ購入して帰宅。
06071613
Windowsの方には全く新鮮でない、Google Earthは現在、会社でも大流行。ということで、一応、分かり切った感もありましたが、マニュアル本『Google Earth操作・活用マニュアル』を購入してみました。Mac osX版のついにリリースされて、やっと楽しめるようになりました。
(^_^)b
06071614
豆図鑑さんは、 [ 35°54'36.61"N,139°38'31.58"E ]という座標、とか、新聞で読んだ、長崎男児殺害の少年が収容されている「国立武蔵野学院」 [ 35°52'39.06"N,139°43'49.09"E ]ってここかぁ、結構近いんだなぁー とか見ていましたが、本を読んでいるとやっぱり、結構知らなかった事が書いてありますね。
06071617
特に解像度の事ですが、最高解像度は6inという事で、約15cmの解像度があるというのにはちょっとビックリ。この解像度があるのはアメリカのMITキャンパス付近 [ 42°21'37.94"N, 71° 5'24.27"W ]のようで、ズームアップしてみると写真の様な状態。うーん、すごっ!
(゚ε゜;)/
06071615
私が中国、東莞市(Dongguan, China)で宿泊する、Silver Land Hotel [ 23° 1'17.45"N,113°44'13.23"E ]も苦労してめっけ!
06071616
ハワイ のワイキキはさすがにGoogle Earth (Release 4 - BETA)では、3Dで表示され、カラカウア大通りから、アラモアナまでちょっとドライブ感覚が味わえて面白いですね。
(*^ー゚)b どこか面白いところがあったら、教えてくださーい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック

0607091
ここのところ、このブログ NIFTYの『ココログ』がメチャクチャ重い。というか、使えないレベル。夜22時を過ぎてから重くなるのではなく、昼間も、朝も重い。という事で、NIFTYさんも 大胆にも 7/11 14:00-7/13 14:00という2日間かけて一大メンテナンスをすると発表。少なくとも、7/12(水)は記事の更新ができないようです。この写真は、今日乗った京浜東北線にあったデジタルモニター。話には聞いていたが、見るのは初めてでした。このWVITシステムというものらしいですが、無線LANがこの車両では使えるのは知りませんでしたが。
0607092
で、道ばたをポクポク歩いていると、道路の割れ目からけなげに花を咲かせている金魚草? を発見。よくもまぁーご無事で。
( 」´0`)」<がんばれ!
0607093
以前、知り合いから、chandraさんは、アフィリエイトとかやらないの? って聞かれたのですが、ひっじょうに興味あるのですが、著作権が厳しくなるらしいから・・と自分で言ったのですが、良く分からなかったので、本を読んでみました。『「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック』結論からいうと、アフィリエイトをやると、例え報酬がまだなくても、営利サイトと見なされて、著作権に対する規制が大幅に厳しくなります。私が思うに、厳密に解釈されると、ほとんどのBlogは私を含めて、何かしら引っかかりそうです。他のサイト記事を丸ごと載せる(引用は最低限、2,3行のみ)、勝手に他のサイトの写真など許可を得ずに転載する。私は滅多に引用、転載はしていませんが、ゼロではありません・・・。これが営利サイトとなると・・非常に厳しい事になります。
0607094
この本は、ディズニー大好きな『しゅんしゅん』さんが、ディズニーランド旅行などのファンサイトを立ち上げて直面する著作権問題から『しゅんしゅんの著作権講座』というサイトを作られたようで、それが出版されたということの様です。ディズニーの著作権に対する非常に厳しい見方(シンデレラ城のみの写真をHPに載せられない等)など、非常に参考になり、全てのサイト管理者は本書あるいは『しゅんしゅんの著作権講座』は、一読した方がいいかもしれませんね。これでは、なにもできないじゃん! という印象ですが、されど、現行法ですからねー
(^_^;

| | コメント (19) | トラックバック (0)

いい言葉は、いい人生をつくる 斎藤 茂太

0605200
24シーズン4もあとDVD2枚となりました。シーズン4が今までで一番面白い。例によって、最終局面でダレ気味ですが・・・。今朝は、あの斉藤茂太さんのベストセラー 『いい言葉は、いい人生をつくる』をやっと読んだというお話です。
(^_^; この手の本はあまり読まないのですが、名言とかは好きなので、立ち読みして面白そうだったの買ってみました。数々紹介されている名言で好きなのは・・『ろくな晩じゃねぇや。寝ちまえ、寝ちまえ。寝て起きりゃ別の日だ。』ってヤツ。
(^。^)なんかいい。後は、月並みですが山本五十六の『やってみて、言ってきかせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ』がなんか改めて響きました。
( ・_・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グレッグ・イーガン 祈りの海

0604220
やっと読み終わったぁ〜
ヽ(´〜`;)ノ グレッグ・イーガン 祈りの海。本を読むのが超遅いchandraでございます。潔癖な私は、1行1行読むので、ちょっとでも分からないと、また戻るの繰り返し・・・。カミサンや子供達は、分厚いハリーポッターや、ダビンチ・コードなども、すぐに読んでしまいます。
( ̄◇ ̄;) え、もう読んだの?
この 祈りの海は朝日新聞の書評欄で褒めていたので、2年ほど前に買ったのですが、最初の20ページほどで挫折して、ほうっておいた物です。今回、がんばろう!?
(^^ゞと再挑戦、修行感覚で1ヶ月もかかってしまいました。しかも短編集なのに・・・久しぶりのSFなのですが、SFとは言えない様な感じで、主に医学的な見地から、人間そのものを描いている感じ。特に結末というハッキリしたものも無い感じで、終わる物や、のど元まで来てるのに、あれ? 終わり?ってなものもあります。考えさせられるものの、読破は難航・・・次は簡単に読めるものにしたい・・と思うchandraでした。
(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察が狙撃された日

060312-8
知り合いから、なにか面白い本とかない? とか聞かれたので、いままで本の話題は載せた事がなかったので、ちょっと紹介していこうかと思います。私は本を読むのが遅いし、波があるので、読まないときは2,3年読まない時があります。でも、ここ1年ぐらいは良く読む期間に入っています。通勤は車だし、読める状況が少ないのですが、最近はトイレにおいて
(^_^; いるだけで、結構進む事が分かり、順調です。さて最初は警察が狙撃された日—そして「偽り」の媒介者たちはで、立花隆さんの著書で紹介されていたので、探して買ってきました。これはオウム関与と言われている、国松警察庁長官が1995年に狙撃された事件の捜査についての本です。東京都の警察 警視庁と、全国の警察の警察庁という複雑な力関係、公安の秘密組織『サクラ』を前身とする現在の秘密組織『チヨダ』の存在などが書かれていて、すごみを感じます。あの亀井静香先生もこの組織のご出身となっていますね。全体としては、かなり読みにくい構成で、時系列になっていないので、結構我慢しながら読んでいましたが、オウムというのはすごい行動力なんだな、とあらためてビックリ。この事件についてググってみても詳しいサイトは結構あって、まさに驚いてしまいます。全く常識を覆す、恐ろしい相手だったんだなぁーと、このあたりの本も読んで見たいもんです。ただ、この事件はオウムが完全に関与したかどうか断定していないし、よく分からない、というところなのでしょう。しかし、関与していないとも思えませんが・・・。またこの本に出てくる オウムが教科書的に利用した『拷問と医者』という本も読んでみたいですが、ちょっと怖いな・・・人間って簡単に精神改造できるんですね・・・・・
( ̄д ̄|||)

| | コメント (0) | トラックバック (0)