カテゴリー「パソコン・インターネット」の259件の記事

iMac 27in Late2012 内蔵3TB 不具合発生!外付SSD化 crucial MX300 1TB

Photo

 どうも最近メインマシンのiMac 27in Late2012が ビミョーに調子が

 悪かったのですが 再インストールしたり、ジタバタしながら使っていたのですが・・ 

 ついに ある日 起動したら FusionDISKの SSDのみが認識されていて

 内蔵ハードディスクが ない・・・(; ̄ー ̄川 うっ

 ということで 秋葉原の秋葉館で買ってきました SSD 1TB

 Macでは crucialが有名で わたしとしても 仕事も含め何台も使ってきましたが

 相性的にも 問題ありませんでして 今回もこれ

 で、こういうのは やっぱり秋葉原が断然安い 

 今回は がんばって 1TB 34800円にしました

 2016年に発売された MX300でした

Photo

 で、最初は 禁断のiMacを分解して 内蔵HDDを新しいHGSTの4TBに換装する 

 決断しました

 ご承知のとおり iMacは正面のモニターガラスが両面テープで

 固定されていて これを壊す勢い(^_^;) 剥がす必要があります

 上級者向け と言われてます (;´∀`) まぁー 得意分野ではありますが・・・

Photo

 で、両面テープやら サクションカップやら、温度センサー付きSATAケーブルを

 amazonで買っておきました

 amazon 相変わらず 納品が早すぎです (^_^;)
  
Photo

 で。分解する寸前に 私のマシンの買い取り価格を調べてみたら・・
 
 core i7のBTOモデルということもあって 意外に高い! (;・∀・)おー
 
 当面 外付け起動SSDとして Thunderboltで接続することにしました
 
 
Photo

 で、試しに STARDOMのThunderboltケースにSSDを入れて

 ベンチマークしてみたら 内蔵HDDの3倍近い転送速度! \(;゚∇゚)/爆速!

Photo

 で、2.5in用のThunderboltケース

 [42510] Thunderbolt対応 2.5インチSATA HDD/SSD用外付ケース
 
 を秋葉館で買いました ¥10,286

Photo

 で、装着は簡単

 でも ケースのThunderboltのチップのせいか 

 STARDOM ST2-TB よりは ちょっと遅い転送速度でしたが

 それでも 結構早い! 

Photo

 ということで、また外付けディスクが増えちゃいましたが

 一瞬で消えるデジタルデータなので 多重 多重のバックアップ体制を

 とって 当面安心安全 (;´∀`)

 でも、やっぱり内蔵3TB HDDはダメっぽい・・・(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbolt外付HDD STARDOM ST2-TB 冷却系改造編

Photo

 で、クルマは吊るしので乗りますが(^_^;)
 こういうものは すぐにいじってしまいます

 外付HDDを買ってすぐ 後ろのファンガードを

 はずしました 特に 危険じゃないし、抵抗になるから・・・

Photo

 次に 今はもう売ってない ブラック・アンド・デッカーの

 リューター で ガァー! っと (^_^;)

Photo

 大胆にも大穴を開けました (^^ゞ

Photo

 こんな感じで エアフロー改善 (^o^;)

Photo

 で、付いているファンを調べたら

 Y.S TECH FD124010LL 40mm角 10mm厚 向かって左側です

 特に騒音レベルも書いてないので 気にしていない感じ (^_^;)

Photo

 で、同じサイズで 日本製 しかも静音タイプを購入

 このAINEXさんの CFZ-4010SAは4000rpmですが

 もうちょっと回転の低い さらに静かなものがありましたが

 今回はこちらを買ってみました

 amazonで買ったら 翌日来てビックリ ( ̄0 ̄;)

 そんなに早くなくてもいいのに・・・

 ヤマトさん ありがとう

Photo

 右がAINEX 羽根の数や形状が違いますし

 ベアリングは ポーライト(日本)製 のボールベアリング

Photo

 裏面のネジ2本を外すと 前方に

 すっぽり 中身がスライドして取り出せます

Photo

 こーんな感じ

Photo

 これがY.S TECHのファン

Photo

 回転数コントロール付きの3本ケーブルですね

Photo

 で、ファンを外して コネクタ部分をカットして

 フランケンシュタインします (^_^;)若い人知ってる? 

Photo

 で、サクッと付きました

 電源ケーブルも ちょっと移動して エアフローの邪魔にならないようにして・・・

Photo

 組み立て完了!

 動作させてみると かなり静かになりました!

 フォ〜 と僅かに 音がしますが ほぼ気にならないレベル

 さすがの日本製だなぁー (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbolt外付HDD STARDOM ST2-TB 購入編

Photo

 5D MARK4になって ますます写真データもでかくなって

 それに加えて 最近は動画もバシバシ撮るもんだから

 データ量がすんごい状態 (−_−;)

 もうiMacの内蔵HDD 3TBでは全然無理なので

 2016年に 外付け6TBミラーの Western Digital MY Book Pro を導入しました

 ところが これも残り1TBを切ってしまったので

 秋葉原のMacユーザーの御用達 秋葉館にいってきました

 ここは まったく愛想がないのが 困ったもんですが・・・(^_^;)

Photo

 で、バックアップでなく 生きているデータを扱うので

 安定性と速度が必要 ということで ちょっと高いけど

 ThunderboltのHDDケース にしました

 その中でも 個別認識をサポートする 台湾の STARDOM ST2-TBを購入

 36000円ほど

Photo

 開けてみると こんな感じ

 CDは紙と同じ 内容のマニュアルしか入ってなくて 無駄だなぁー

 高価なThunderboltケーブルが付いているのは ありがたい(^o^)

 小型なので 電源はACアダプタ

 ゴム足 とか ネジとか・・

Photo

 裏はこんな感じで Thunderboltがデイジーチェーンできる

 ようになっています

 RAIDモードもここのSWで決めます

 JBOD と書いてありますが まとめるJBODじゃなくて

 個別認識できるようです

 電源SWが 軽い操作のシーソーSWで ちょっと危なっかしいかな。。。

Photo

 正面はこんな感じ 気になる 冷却のエアフローは

 隙間から取り入れる感じ

Photo

 付属のピンで HDDカートリッジをあけるような構造

 ピンは面倒だなぁ〜 (・_・;)

Photo

 カートリッジはこんな感じ

 このパンチングメタルの部分は 邪魔だなぁー

 空気抵抗になるよな・・・

Photo

 裏側から見ると 一体で パンチングのところだけは

 取り外せない・・・

Photo

 SATAの女の子のコネクタはこんな感じ

 基盤にエアフロー用の 穴があいてますが

 電源ケーブルが邪魔してるね・・・

Photo

 で、一応 動作確認のために 日立の4TBを2本装填

Photo

 うん わるくないね・・・

 でも、動作させてみると 小型の□40mm✕10mm厚 のファンが

 ひゅー! といって うるさい なぁー (-_-;)気になる

 大きなボディーの方にしればよかったかな

Photo

 で、構成としてはこんな感じ

 ウエスタンデジタルの6TBミラーで 写真データ

 今回の STARDOM にムービーデータ

 それらを USB3.0のHDD多数でバックアップします

 バックアップソフトは

 Carbon Copy Cloner と

 Intego Backup express (販売終了)

 Sync!Sync!Sync!LE

 と 純正 TimeMachine

 一応 SynologyのNASでも 動画ファイルはバックアップとってますが

 ネットワークをGIGAにしていても 激遅なので NASってダメですね・・・(・_・;)

 で、HDDは冷却が大切なので 冷却改善と音問題の対策を次回に (*゜▽゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple TV 買ってきました (^^)

Photo

 今頃ですが・・・前々から 買おうか どうしようか・・

 悩んでいた Apple TV を買ってきました

 32GBの安い方 15800円 

 Huluなどを見られるのは Palystation4でもできるし

 Apple TVでゲームをやることもない

 使いたかったのは たったひとつの機能

 だから ちょっと悩んでいたのですが・・・・

Photo

 それは Apple ユーザーならご存知の AirPlay

 iPhone だろうと Mac だろうと 画面に表示しているものなら

 なんでも、TVに映すことができます

Photo

 iPhone だと こんな感じ


 あとは Apple TVをタップするだけで

 簡単に iPhone側の写真や音楽、ムービーをTVに音声と共に

 写せます 

 次女のあんみつの旅行の写真など 簡単にリビングで楽しめます(^^)♪

Photo

 Macでは コントロールパネルのディスプレイで

 ミラーリングオプションにチェックを入れておけば

 メニューバーで簡単に Apple TVに画面を表示可能

Photo

 もちろん Quicktimeなら 動画だけ このボタン一発で

 表示可能 

 いままでは 27inのiMacのモニターで十分!

 って思ってましたが やっぱりTVでみると違うね (^_^;)

Photo

 わたしは TV番組はあまりみませんが

 YouTubeはかなり見ます

 Apple TVのYouTube は これもなかなか使い勝手が良くて

 これまた 重宝してます

 そんなに高いデバイスでないので もっと早く買えばよかった

 (^^ゞ 今頃ですが・・Apple ユーザーには超オススメです \(^o^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

統合グラフィックソフト Canvas DRAW 3 for Mac

Photo

 かつて Macのグラフィックソフトで愛していた

 Deneba CANVAS というソフトをご存知だろうか・・・

 2005年あたりを最後に ACDに買収され Macから撤退

 Windowsのみとなりました 本当に悲しかった・・・(T_T)

 なにしろ これ1本で ベクターだろうが ラスターだろうが

 なんでもできたから 超便利でした

 でも、当時の Appleの混乱と Mac OSの不安定さ

 そしてこのソフトのバグの多さ と巨大さで

 よく落ちていたので 値段も高かったし 売れなかったんだろうなぁー

 CANVASが無くなると 高価な Adobeのイラレとフォトショぐらいしかなくなり

 会社では Windows版を細々と使う って感じでしたが

 個人ユーザーは 路頭に迷う って感じでした (・_・;)

Photo

 そして10年

 スタバやTSUTAYAに行って ノートPC開いていると言えば

 Mac Book !という時代になって ついに!

 2015年 に Canvas DRAW for Mac が登場!

 でも、2バイトコードに対応していないので

 日本語は扱えませんでした orz

 その後 Canvas DRAW 2 for Macがでて

 ついに UNICODEに対応した Canvas DRAW 3 for Macがリリースされました

 \(^o^)/ばんざーい

Photo

 でもですよ・・・日本の代理店 日本ポラデジタルさんは

 毎年ライセンス費用 8900円を支払う スブスクリプションという方式のみ

 _| ̄|○ il||li がぁーん!

Photo

 で、ACDのサイトでフリートライアルに申し込んで

 フリー・ダウンロードして すこし使ってみました

 漢字も問題なく使えるし 昔のように使える!

 メニューは全部 英語だけど 大体 よく使うコマンドは

 位置も同じだし まぁ問題ない・・・

 トライアルも終わったら こんなメールが来て

 $199のところ、今なら $149 つまり25%OFFだと・・

 ということで、 ACDさんから直接 買ってしまいました

Photo

 若い頃乗っていた RX-7の写真を読み込んで

 文字をタイプして 文字の輪郭をパスに変換して変形

 上からブラシ

 これ 夜の逗子マリーナでした (^_^;)

Photo

 写真はトーンカーブで調整

Photo

 ベクターにトレースしたり フィルターもかつての

 機能を継承 

 Windows版のデータは読めるけど Windows版形式には書き込めないのが難点

 でも、PDF形式で渡してやれば なんとか

 CANVASは イラレのAIファイル フォトショのPSD

 CADのDXFにも対応しているので 便利です

 かつての6万円とかではなく 安くなりましたが

 Canvas DRAW 4 for Mac が出たら またバージョンアップフィーが

 いるんだろうなぁ〜 (´O`。)

 でも、オススメ! (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY PlayStation VR 買ってみました (^o^)

Photo

 テクノロジーに未来を感じるchandraでございますが (^^ゞ

 VRという技術に 今は ワクワクしています

 なので SONY PlayStation VR を発売当日に入手しました

Photo

 JAL修業サイトで有名な やじり鳥さんのサイトで教えていただいて

 なんとか 格闘の末 SONY PlayStation VRを予約できました

 やじり鳥さん ありがとう! (*゚▽゚)ノ

Photo

 当日 帰宅すると 宅配便! \(^o^)/

Photo

 折り紙のような 凝った梱包でした

Photo

 内容物は・・かなりな種類・・・・

Photo

 ぎょうーさん でてきましたわ (^O^;)

Photo

 これが本体 結構軽いし 非常に良くできていて

 装着感もいい感じ

 メガネとの相性もわるくないけど コンタクトがすこし欲しくなるね・・(^^ゞ

Photo

 さすがに没入感は半端ない

 装着が イヤフォンとか ケーブルがあって

 ちょっとめんどくさくなるね・・・(^_^;)

 あとは コンテンツしだいですねえ

Photo

 目の前に 200インチのモニター! という感じで
 使えるシネマモードもなかなかいい

 もうちょっとだけ 解像度が高くなると 申し分ないけれど

 ドライブゲームにかなりハマって 汗かくほど がんばったりして・・・coldsweats01

 これ YoutubeのVR動画が見えられるといいなぁー 

 SONYさん なんとかして! (^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Apple Magic Mouse2 買いました (^^ゞ

Photo

 パッケージには「2」と書いてないけど・・・

Photo

 Apple Magic Mouse2 9500円くらいでした

 安くないから、いままで 我慢してきたけど・・・・

Photo

 ここぞ という時に マウスに入れている電池がきれる・・・(Ծ︵Ծ)ぶー

 交換も面倒・・・いらいら・・・・(^_^;)

 エネループは 1.2Vしか電圧がないからか、比較的早めに交換を

 促される・・・・

 アルカリ乾電池ならそこそこ持つけど、結構な頻度でゴミがでる・・・

Photo

 ということで、思い切って 散財 (^_^;)

Photo

 マウスの背面のパッド厚みがやや厚くなって

 いいかもしれません

Photo

 噂の お腹にぶっさす 充電方法(^o^;)

Photo

 とはいうものの、珍しく 最初から98%の充電状態

 電池残量はBluetoothのメニューから見られますが

 ちょっとすでに使っていますが、かなりもちますねぇー (^^)

 これなら 寝るときにでも  挿しておけば問題ないねぇー


| | コメント (2) | トラックバック (0)

iMac から光デジタルオーディオ出力に 中国製 DACがダメダメだったので 直した・・(^o^;)

Photo

 iMacのオーディオ出力を このBOSEのスピーカーで
 
 鳴らしているのですが・・・
 
 iMacのオーディオ出力端子である、ミニピンジャックが
 
 いささか接触不良で ガサガサノイズがしたり
 
 片chでなくなったりするので・・・・・・さてどうしたものか・・と
 
 そういえば そのミニピンには
 
 光デジタル出力も確か同居していたような・・・
 
Photo

 で、こんな ケーブル戦隊 ハイセンジャー さん (^O^;)あはは

 から購入したのは・・・・

Photo

 こーんな L字型コネクタ

Photo

 光変換L型変換アダプタ(光細丸型)

 ¥ 492
 
 例によって Apple の ちょっと変態なコネクタをL字で通常タイプに

 変換してくれる というなかなか便利なレアものです (^^)
 
Photo

 アマゾンブランドの
 
 Amazonベーシック TOSLINK (トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.0m
 
 ¥ 448
 
Photo

 で、問題なのがコレ
 
 DACというヤツ

 まぁー 安いヤツでイイヤ! と
 
 でも、ボリュームがあった方がいいかな? と
 
 Tendak DAC デジタル(光&同軸)→アナログ(RCA/3.5mm音声)オーディオ変換器
 
 【ヘッドホンアンプ搭載】 D/Aコンバーター
 
 ¥ 3,998
 
Photo

 入力系の接続イメージはこんな感じ
 
Photo

 これが たまたまなのか・・・
 
 ところが 電源は マイクロUSBの端子から
 
 取るんですが・・・ この女の子なコネクタが超ひどくって
 
 最初から 電源が入らない・・・
 
 すこし 挿して コネコネすると 電源が一瞬はいるので
 
 回路そのものは 大丈夫みたい・・・
 
 で、販売しているところにダメもとでメールしたら・・・
 
 -------------------------------------------
 
ご問題いただきありがとうございます
 
入力源:光または同軸ポートを持ってのdvdなどの機器
 
出力:RCA/3.5mmオーディオ
 
付属のUSBケーブルで本機器とac電源アダプターを接続します
 
本機器のデフォルトは同軸ですから
 
音源を切り替えるために光のポートを利用すれば調整音量のボタンを押していただきます
 
利用の方法の上で問題がなけれんば交換する場合はいいんです
 
ご迷惑とご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
 
                                          Tendak
 
 -------------------------------------------
 
 という イミフなメールが返ってきまして・・・(;・∀・)う
 
 こりゃーアカン orz
 

Photo

 ということで あきらめの早いわたくしは・・

 封印シール剥がして バラバラに・・・(^o^;)

Photo

 問題のマイクロUSBの女の子

 はぁー こりゃーだめだねぇー

 メスのマイクロなんて か弱いから ちゃんとした

 日本製とかのコネクタでなければ デカイUSBつかってよ・・・

Photo

 ということで、 ハンダゴテで・・・

Photo

 取れました・・・

Photo

 マイクロUSBだから パターンピッチ狭いなぁ〜

 USBのピンコネは こちらとか に書いてありますが

 基本 1番が +5V 4番がGND

Photo

 DACに添付されていたUSBケーブルを

 剥いてしまって。。こんな向きね・・・

Photo

 パターン上はData-もGNDに落としていたので

 そのとおりに・・・

Photo

 お年寄な わたしには ややツライ(^^

 ハンダ付けも なんとか終了

 テスターで 短絡していないか チェックして

Photo

 USBの穴からケーブルだして完了!! 

Photo

 iMac側はこんな感じ

Photo

 ということで、 見事 音がなりました \(^o^)/

 使ってみると たしかに すこし音がよくなりました

 それぞれの楽器がよく分かるようになった (^^)

 ただ 電源入れる度に ボリュームSWを押し込んで ONに

 する必要があるのと 鳴り出しにタイムラグがあるのが難点・・・

 まぁー これも 勉強ということと 思うことに・・・(^o^;)ゞ

 ボリュームSWは 入力切り替えでもある というメール内容なので

 デフォルトがRCAコネクタ出力で ピンジャック出力は その次 

 ということで 押さないとだめなのかもしれないなぁー

 と RCAに繋いでみたけどダメだった・・やっぱり押すのね・・

 でも、心なしか RCAの方が 音がいい感じ・・変なの・・・

 総じて BOSE Companion20 multimedia speaker の低音強調な感じの

 性格も何故かなくなって やっぱりデジタルにしたら なかなかいい音(^^)

    このDACはオススメできません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1800円で VR始めました(^o^; Google CARDBOARD と VRヘッドセット

Photo

 今年はVR元年 なのは間違いないので

 もちろん SONY Playstation VRも予約したし

 VRに非常に感心があるのですが・・・

 そう言えば ダンボールのゴーグルってあったような・・・と

 思い出し・・・・

Photo

 ヨドバシakibaの1階 スマホのアクセサリー売り場の

 さらに奥に・・・ありました VRゴーグル

 うーん \(;゜∇゜)/ こんなにあったんだ・・・

Photo

 ダンボールのは やっぱり顔につけるので 汚れる・・・

 ということで、 プラスチック製ので 良さそうなの・・・

Photo

 で、PC用品では有名な GREEN HOUSEさんの

 スマートフォン用VRゴーグル GH-VRHA-BK にしてみました

 なんと1800円くらい (*^^*)やすい

Photo

 出してみるとこんな感じ

 うん しっかりしてる

Photo

 前方がスライドして いろんなサイズの

 スマートフォンを入れられます

 トレーは取り外せます

Photo

 アイパッドやゴムバンドもいい感じです

 レンズは非球面レンズだそうです

 非球面の方が 周辺がぼけにくいよね

Photo

 上面には レンズを左右・前後に調整できる

 つまみが付いていて これもグッドです

 
Photo

 で、ソフトなんですが・・これがさすがGoogle!

 iPhone用も揃っていて しかももちろん無料 (*^^*)

 Google Cardboard はヘッドセットで見るためのアプリ

Photo

 Google Cardboard Cameraはなんと9月にでたばかり

 iPhoneのパノラマ撮影と同様な感じで VR静止画が撮影できます

Photo

 そして YouTubeもGoogleなので

Cardboardに対応しています iPhoneアプリのYouTubeを

 使うだけです

Photo

 今 注目の VRカメラ Insta360 Nanoとか

 いろんなYouTube動画を ヘッドセットで見られます

 YouTubeのVR動画のオススメを数本ご紹介(*゚▽゚*)



 今度 全員VRゴーグルを付けてジェットコースターに乗る!

 というアトラクションができるってんで 話題の シックス・フラッグス

 その通常 ジェットコースターのムービー


 そして まさにアメージング!! なのが 次のタヒチでのサーフィン



 これをVRでみると 最高です! (*゚▽゚*)

 サーフィンできなくても チューブの中をくぐることができます (^o^)最高! 

Photo

 静止画ですが Googleストリートビューの

 膨大な数の 360度パノラマ写真をVRでみられます

Photo

 場所を選んで 右上のCardboardのアイコンを

 タップするだけで・・・・

Photo

 静止画ですが 雰囲気味わえます(^o^)

 我が家の近くとか みてました(^o^;

Photo

 次にCardboard Camera のアプリ

 サンプル写真もなかなかグッド

Photo

 実際の撮影はこんな感じで 右回りに撮影するだけで

 ステッチといわれる 画像のつなぎ処理もやってくれます

Photo

 おどろいたのが このVRアプリの

 WITHIN 実にハイクオリティーなVR動画がアップされています

Photo

 その中でも 特にU2の song for someoneがすごい!

Photo

 こんな感じでセットして スマホを横に向けます


Photo

 ヘッドフォンとCardboard必要だよ と

 Cardboard持ってる?と聞いてくるので

 Yesをタップ

Photo

 そうすると U2の3人などが 自分の周りを囲んで歌ってくれます

 \(;゜∇゜)/ その他 このVR動画はよくできていて

 おお! と声がでちゃいます (^^ゞ

 ということで、たったの1800円ほどで 相当たのしめます

 折角 スマートフォンを持っているなら やらなきゃ損って感じ

 超オススメ! (*゚▽゚)ノぜひ!

Photo

 Bluetoothのスマホ操作 リモコンがあると VRゲームもできるので

 買おうかなぁー 3200円くらい・・・



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修業用に モバイルルータ NEC Aterm MR04LN 買いました

Photo

 今年2回目のJAL修業が近づきました

 前回の修業で いつも借りている Global Wifiに通信容量オーバーがあって

 特に 超過料金などの請求などはなかったものの

 あまり迷惑をかけることもできないし・・・IT大好きなchandraさんとしては

 海外で SIM買って 差す! というのもやってみたかったので

 色々 悩んで モバイルルーターを買うことに

Photo

 いろんなモデルがありますが

 APN設定を単体で キー入力できた方が良い

 など いろいろ調べて 結局 現在 最強と言われる

 モバイルルーター NEC Aterm MR04LN にしてみました

Photo

 amazon も見ましたが sofmapやビックカメラでも

 ポイントを計算にいれると わずかにamazonより安かったので

 修業まで日もないし、すぐに実機を見たかったので

 結局 sofmapさんで すこし値切って購入

Photo

 角ばっていますが まぁー軽いし 薄いし

 ちょっとチープな感じだけど まぁーまぁーでした

Photo

 なんだか 電源ONが 長押しなんだか イマイチ

 よくわからない 電源ボタン 取説あまり読んでない・・(^o^;)

 しかし 取説 ろくろくないね・・・ まぁーWebマニュアル見ろ ってことなんだけど

 電源ボタンの詳細 書いてないっぽい・・・

Photo

 充電やUSB接続は このマイクロUSBポート

Photo

 お尻には ストラップホールが

Photo

 充電用のUSBケーブルと 充電器

 まぁー ケーブルあれば 充電器はいらないけど

 仕方ないですね・・・

Photo

 このモデルの売りのひとつは

 デュアルSIM で 切り替えられること

Photo

 タッチパネルで 一応ASCIIレベルの

 キーボードもあるので 単体でAPN設定が可能

 APNのプリセットもあるけど うざいので ほとんど消しました (^^ゞ

Photo

 SIMアダプタは使うな! と書いてありましたが

 そうもいかないので 購入

 一応 脱落しにくい フィルムが貼ってあるタイプに

Photo

 こんな感じにフィルムが貼ってあります

 で、手前にnanoSIMは 私のiPhone6のSIM

 ソフトバンクのPhone6のSIMを このアダプタを使って

 挿してみました 

 APN名 jpspir

ユーザー名 sirobit

 パスワード  sirobit

でつながりました

 その他 会社のdocomo XiのモバイルルータのSIMも

 APN名  mopera.net だけでつながりました (*^^*)

 で、バンクのSIMを抜く時にやってしまいました ( ̄△ ̄;)

 SIMアダプターと SIMがハズレてしまって

 アダプターが抜けない という事態 (; ̄ー ̄川

 SIMコネクタは 蛇の歯の様に逆刃になっていて

 穴が空いている アダプタを噛みこんでしまいます

Photo

 そんな時は こんなフィルムを差し込んで

 救出してやるわけで・・・

Photo

 ということで 自作の救出ツールを 裏蓋に貼り付けておくことに

 (^^ゞ 

Photo

 バッテリーの持ちもなかなかいいし

 使用通信容量もわかりやすく なかなかグッドです

 キーボード入力は ちょっと左ボタンを押すように するなど

 ちょっとクセがありますが まぁまぁです

 無線LANも 空いている5GHzが使えるし

 WEBブラウザから繋げば SSIDも変えられるみたいだし

 なかなかいい感じ

Photo

 SIMを抜く時は 更にグッをSIMを押込むと

 出てくるというタイプです 

 Andoroidをテザリングで使うというのと

 散々なやんで モバイルルーターにしましたが

 AndoroidのSIMフリー端末もさらに買う予感 (^_^;)がします


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧