カテゴリー「パソコン・インターネット」の266件の記事

iMac購入記 3 DROBO 5D3 導入でやっとシステム完成

Photo

あーもう何度クルマを飛ばして 秋葉原にきたことか・・・

で、またもや 秋葉原は 秋葉館 Macユーザーにはありがたいお店です

で、こちらはいつもの5階ではなく 6階のサポートセンター

Photo

Akitio Thunder3 Quad X を 秋葉館さんのサポートの良さのおかげで 

もう完全に返品! (-_-;)

Akitio の代わりに 似たような STARDOMの製品にしようかと思いましたが

もうトラブりたくなかったので 大きくシステムを変えてしまうことにしました

Photo

で、買ったのが これ DROBO 5D3 ドロボというネーミングは日本では変ですが

DATA ROBOTICSから付けられた名前です

かなり以前から 私は会社でこれを採用して 多数のDROBOでバックアップシステムを

構成していました

ということで 良いところも ちょっと・・・

というところもよく知っているつもりなので

思い切って 購入しました 約10万円 チーン! orz

 

Photo

デカイ ACアダプタと Thunderbolt3ケーブルが入っています 

 

Photo

本体は 例によって こんな袋入り・・・持ち運ばね〜よ って感じ (^_^;)

 

Photo

私は 慣れたもんですが スチールのケースで 3.5in HDDをそのまま挿入できます

これとっても便利

 

Photo

5D3は Thunderbolt3が2ポートと USB3.0のUSB-Cが一個ついてます

 

Photo

底面にはハッチがあって 開けるとこんな風景

ここにm-sataのキャッシュメモリーを装着できます

Photo

amazonで中古のm-SATA 128GBを3000円ほどで購入

 

Photo

装着DONE!

Photo

2個目のThunderbolt3には monoprice のUSB-C を

Displayportに変換するアダプタを買って

セカンドモニターを接続しています

Photo

DROBOの製品はすべて この Drobo Dashboard から ファームウエアアップも

設定も行います ま、もっとも 設定と言っても ほとんどないんですが・・

簡単なんで・・・

DROBOは 容量もメーカーも関係なしに HDDを突っ込んでしまえば

使えてしまう という特殊で独自な Beyond RAIDを採用しています 

速度はその分 出ませんが 可用性は非常に高い

HDDは一応 メーカーに推奨モデルがあるので 確認した方が

良いと思います 今の所 瓦書き込み方式のSMRは推奨されてません

DROBOは最大 64TBまで拡張可能なので 安心

今は 4+4+4+4+3TBで 合計13.4TB 1ボリュームで使っています

 

今の所 大きな問題はありませんが DROBOは電源を入れっぱなしで

スリープさせる運用ですが スリープしても ファンが止まらないのが

困ったちゃん・・・(^_^;) そんなにデカイ音じゃーないけれど

 

で、最後にディスクの書き込み速度を測ったので 既出も含めて載せておきます

Photo

これ iMac 2019内蔵のNVMExpress接続の2TB SSD 

もうホント 超爆速! ( ̄0 ̄;)/

Photo

上が Thunderbolt3接続の DROBO 5D3 まぁー仕方ないねぇ〜

Photo

上は USB3.0接続の 裸族のカプセルホテルのHDD・・

 

Photo

上は Thunderbolt2接続の STARDOM ST2-TB ちょっと遅すぎなデータなので

ちょっとドライブ確認しないとなぁー (^_^;)

Photo

上のは 今 使ってないけれど Thunderbolt2接続 のSSD 1TB やっぱ SSD速いですよねー

Photo

ということで 構成図を書いておきましたが

メインの外部ストレージをDROBOにして これが 13.4TBなので ここに写真と動画を

フォルダ分けして保存し それぞれを多重バックアップしています

以前よりは大分シンプルになりました (^^)

| | コメント (0)

iMac購入記 2 Akitio Thunder3 Quad X 買って WDのIntelliParkを無効化したけれど・・(T0T)

Photo

iMac 2019をポチったので これについている 

Thunderbolt3に対応した外部ストレージを

買おうと 秋葉原の 秋葉館にやってきました

 

Photo

3.5in HDD を4発収納できるもので 単発づつ認識できるもの 

もちろんThunderbolt3があって、Thunderbolt3が出力できるもの

という条件で STARDOMか Akitioかの選択になりました

結局 Akitioはまだ買ったことがなかったので 

Thunder3 Quad X 49,800円にしました




 

Photo

で、iMac 2019が来る前に こんなパーツを準備しました (^^ゞ 

日本酒は関係ありません・・・(^o^;)

 

Photo

Akitio Thunder3 Quad X を開けると こんな感じのアクセサリーが

海外でも このThunderbolt3のケーブルが みじけーよ! 

という口コミ多数でしたが

計ると45cmでも たしかに短いね・・・(^o^;)

Photo

なので Thunderbolt3ケーブルは 別途2mの買ったのですが これの選択がかなり厄介・・(^o^;)
結論からいうと ・・約6000円もする・・

(認証済み) Cable Matters Activeタイプ Thunderbolt 3

ケーブル サンダーボルト 3 ケーブル 40 Gbps 100W充電対応 2m (ブラック)


を買ったのですが USB-Cタイプコネクタではありますが 
 カミナリマークが入っていて なおかつ 

 アクティブタイプを選ばないと 最高速度の40Gbpsはでません。

 大抵 20Gbps

ま、外付けストレージなんで そんな速度はいらないんですが 

折角買うので それなりのものを揃えて置きたい

という気持ちだけでございます (^o^;)

 

 

Photo

Akitio Thunder3 Quad X の方は こんな袋に入っています 

アメリカは好きだねこういうの。

Photo

本体は かつてのMac Proのようなアルミのデザインで 

しかもちょっとアルマイト処理で

グレーっぽい仕上げ まぁーかっこいいかも

Photo

Thunderbolt3 が2個あって ここからデイジーチェーンもできるし

何より魅力だったのが ディスプレイポートが付いているので 

変換プラグが不要なのでした

 

Photo

HDDベイはこんな感じだし ケースもオールアルミで 冷却性は良さそう 

 

Photo

 底面はこんな感じ

 

Photo

HDDをそのまま入れられないのが ちょっと残念ですが まぁまぁ いいか・・・

ストレージは 動画編集の関係もあって 容量が気になってきたので

6TBのHDDを何台か買いました

Photo

Western Digital製HDDの REDの6TBがほしかったけれど 高くて・・・(;_;。)

ということで Western DigitalのBlueしました

この時は なんとか旧モデルの WD60EZRZ がまだ少しあったので 

結局 この6TBを4発も買ってしまいました (^^ゞ 

1本 12000円弱でした

新しいモデルは すべて SMRと呼ばれる 

瓦書き込み方式 要するに ちょっとづつ

重ね書きする方式で 容量は大きく出来ますが 速度などがすこし犠牲になって

NASなどには不向きと現在はなっているタイプです それと・・・

Western Digital製のHDDは かつて 省エネタイプと呼ばれていた 

GREENが すぐ壊れる!

ということで 巷で話題になりましたが その原因とこれまた 噂されていた WDの

IntelliPark という機能

アクセスがないと たった8秒で 磁気ヘッドが 格納されるという仕様なんですが

これにより この格納 展開がものすごい回数になって 不具合の原因 となっている

のでは? ということで 気になるので これを無効化することにしました

Windowsでは wdidle3 というツールがあるので わりと簡単なのですが

Macでやれないかと 探してみると

N@i.jpさんという方が 記事にされていて・・

Mac Proに載せたWD Caviar Greenの Intelliparkを無効化するには?

結局 

Ultimate Boot CD with WDIDLE3 Util というページでダウンロードして 起動CDを作って

それで起動して wdidle3  を実行 という手順でした

Photo

起動CD で Macを立ち上げると こんな感じ

HDDというメニューを選んで Hard Disk Information & Management を選び

WDIDLE3を起動します

Photo

wdidle3.exe /r を叩くと 上の写真の様になります

最後の方に WDC WD60EZRZ が8秒にセットされているよ と教えてくれました

ちなみに WD のREDは5分にセットされてました

Photo

wdidle3.exe /d と多々行くと 上の写真の様に Idle3 Timer is disabled.となって

IntelliParkが解除されました \(^o^)/

ま、恐ろしいから・・新品か フォーマットした時などにやる感じですね (^o^;)

 

Photo

 ところが このAkitio Thunder3 Quad Xは 

 このWDの新モデルでもない WD60EZRZを認識しません 

 というか 中途半端な認識でフォーマットできない・・

 なので 本体が原因かどうか がなかなかわかりませんでした・・

 本体交換したり WD60EZRZを何個か試してもダメ・・・

   この時点では ふざけたことに Akitio Thunder3 Quad Xの

 ファームウエアもWindows10のものしかアップされてないし・・

 Thunderbolt3といったら 普通 Macでしょ? 

 なのにWindows10からしか上げられない とは! ヽ(´〜`;)

 Akitio のサポートに英語でメールしても Windows10でやれと・・・凸(`△´#)

 現在はMacでもデキルようになっていますが順番が逆でしょ! 

   アキバの秋葉館さんの交換対応も神だったが

 何度も何度も秋葉原に行かされて

 交通費だけでもバカになんねぇー  もう かわねー (−_−;)

 で、仕方なく 全く違う ストレージを買うことにしました・・・

 かなり焦げたウンチ いや、ヤケクソ・・・続く・・・

| | コメント (0)

iMac購入記 1 iMac 27in Early 2019 intel Core i9 8Core メモリー以外は最高スペックモデルを購入

Photo

ちょいちょい前なのですが iMac Early 2019 のほぼ最高スペックモデルを買いました

パソコンまわりは やっと 落ち着いたので

記録のためにも書いておこうと思います (^^ゞ

NetのApple Storeで 思い切ってポチって クアラ・ルンプールに行っている間にこの

バカでかい箱をあんみつが受け取り

Photo

これまでは iMac late2012のBTOモデルで これも当時最高スペックのモデルで4Coreで

メモリーを32GBにして使っていましたが、Youtubeで動画をやり始めてから 

motion Trackingとか 重い処理がきつくなってきて iMac Proを買う! と一旦決めたのですが

いまひとつ 踏み込めないでいました (^^ゞ

で、iMac 27in Early 2019 が発表! デザインが全く変わっていない・・・orz

まぁーでも iMacのモデルチェンジサイクルは1年半は軽くあるので

もう待てないし、iMac 27in Early 2019は なんと8Coreで intel K9900

iMac Proと違って 自分でメモリーを増設できる ということで

10万円は安いという感じで 決断しました (^o^;)

iMac Pro買わないで 良かった・・Thunderbolt3がいっぱい付いているのは魅力だけど・・・

Photo

高額なものなので ビックカメラで買ったほうが特なのか、リアル店舗のApple Storeでは

どうなのか 聞いて見たりした結果、どこで買ってもほぼ同じ orz

ということで Apple Store Online shopでポチりました

スペックですが・・・

■27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
3.6GHz 8コア第9世代Intel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)

+44,000円

8GB 2,666MHz DDR4メモリ

+0円


Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)

+49,500円


2TB SSDストレージ

+111,000円 (今は77000円 orz )

Magic Mouse 2
Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)アクセサリキット

+0円

合計¥ 471,300 チーン!

ということで 内蔵のSSDには悩みました

iMac 2012では 外付けSATA接続の1TB SSDを使っていましたが

やはりSSDは速い! でも1TBだと アプリなどを入れると

足りなくなる可能性があったので ええい! パパよ! いや ママよ!

と 2TB SSDにしました (´ε`;)




Photo

とまぁー ベンチを取っても  USB接続のHDDの10倍以上の速度 \(^o^)/すげぇー

Photo

心配していた 配列が変わった Wirelessキーボード

なにかと便利だったUSB2.0のポートもなし・・

Photo

御本体 登場 代わり映えなし・・

 

Photo

バスタオルを敷いて 慎重におねんねしていただきます

Photo

定番のこのボタンを押して メモリーハッチを開けます

まぁー しかし こだわりのあるデザインですよねぇー (^^)

Photo

事前に 秋葉原の秋葉館で CrucialのDDR4-2666 SODIMM

16GB2枚を買っておきました

Photo

Crucialのメモリーとか SSDはMacと相性が良いので 最近はいつもこれを選んでいます

ということで 16GBを2枚さして オリジナルの4GB 2枚と合わせて 40GBで

当面 運用してみようと思います

LIGHTROOMと FINUL CUT PRO Xとブラウザ2種を立ち上げると 32GBでは

厳しかったもので・・・(^o^;)

Photo

で、これが 問題の新しいキーボードの配列 あのYoutuberの 瀬戸弘司さんも言っていた

左下が CAPS LOCK担ってしまった件・・・・まぁー 使ってますが やっぱ不便です・・・

Photo

こんな感じの側面で 個人的いは傾斜が全然足りない・・・ので

Photo

硬質スポンジを貼り付け・・・(^^ゞ

 

Photo

うん 問題なし・・・

 

Photo

キーボードの両サイドのUSBポートに代わりに 悩んだ末に買ったのが・・・

Cateck マルチインワン 3スロットカードリーダーコンボ搭載バス電源供給 USB 3.0 3ポートハブ

ってヤツ

口コミどおり CFカードスロットはイマイチ USB Aコネクタはやや硬い

でも、まぁーそれ以外は問題なし・・・

Photo

 それ以外で買ったのが コレ


 HAOYU AUXオーディオケーブル 3.5mm 片側L型 ステレオミニプラグ


 最近 iMacには 光オーディオが付いてなくて アナログ ミニピン出力のみ


 USBや Bluetoothでもオーディオ出力できるけど まぁーここか簡単にミニピンで。


 でも、設置場所の関係から 無理な力が加わって 接触不良になるのが嫌だったので


 片側L字コネクタにしました

 

Photo

全くもって しばらく買い替えてないと いろいろと物入りでございまして・・・(-_-;)


Apple Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ が必要 高いなぁ〜 コレ

Thunderbolt2のHDDを接続するために必要

 



1

Photo

ということで キーボードをモバイルバッテリーで 充電しながら セットアップして・・・

どれくらい性能がアップしたかベンチマークをとってみました
■iMac Early 2019 Core i9 3.7GHZ 8Core /40GBと
これまで使ってきた 
■iMac Late2012 Core i7 3.4GHz 4Core /32GB と実用比較


Hanbreak 1.2.2で 1.94GB 30分5秒 の M2TSファイルをmp4にエンコードしてみました
-----------------------------------------------------
●結果 
iMac Late  2012    19:21
iMac Early 2019     8:07
ということで      2.38倍
-----------------------------------------------------
■GEEK BENCH SCORE
          Single Multi    Single Multi
iMac Late  2012  3907  12869    1     1
iMac Early 2019  6168  32407    1.58倍 2.51倍
-----------------------------------------------------
と GEEK BENCHの結果からは順当ですね (◠‿◠;)

2倍ちょい ですが CPUの使用率を見ると まだ余裕あるようなので
3倍くらい あるかもしれません 

 ちなみに 古いiMac Late2012 は秋葉原のパソコン工房に売却 この時は6万円くらいでした

そして 問題の山積だった 外部ストレージのお話しです・・・続く・・・(T0T)

| | コメント (0)

年末年始休暇に amazon で買ったもの 5 MAMORIO 落し物防止タグ

Photo

 最後が セキュリティー編に入れ忘れた 落し物防止タグ 

 MAMORIO マモリオ 3700円くらい

 いわゆる Bluetooth の通信圏外になったら 教えてくれるというヤツ

 謳い文句 に同じタグを持っている人が近くに入れば どこでなくしても

 探せる なんていうタグもあったりして  そんなこたぁー めったにないぜ!

 とバカにしていたのですが・・・(^_^;)

Photo

 Apple Watch にもiPhoneを探す機能があって

 結構使うので (^^ゞ 旅行もするし、物忘れも激しいし (^_^;)

 あっても良いかな と 試しに買いました 

 でも、この手の製品は Tileとか Qrio Smart Tag とか TrackR bravo とか 沢山あって・・・

 迷いに迷って・・・日本製のこれにしました

Photo

 入っているもの 本体タグと説明書のみ

 アプリはダウンロードすればOK

 このMAMORIOは バッテリーが自分では交換できないので

 メーカーに送る タイプ 防水でもありません

 タグが光ったり 鳴らすこともできません

 バッテリー寿命は1年はとてももたないみたい

 でも、結構 小さいのが気に入りました

Photo

 この半透明のシートを抜くと 通電する というスタイル

 バッテリーはCR1616で、 無理くり 自分でもできそうな感じ

Photo

 アプリから認識させて 通知を許可すればOK

Photo

 今回は カメラのストラップにつけてみました

Photo

 うん 認識してる

Photo

 場所も大体の位置がマップで表示されます

Photo

 30m以上はなれると ささやかな 通知が表示されます

 次回は ブザーがなるタイプもあると 良いかも なんて思ってます (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Home Mini もらいました (^_^;) こまった

Photo

 BRAVIAの55インチを買った訳ですが・・・

 びっくりしたのは BRAVIA 買ったら・・・

Photo

 Google Home Mini がただで 付いてきちゃいました (  Д ) ⊙ ⊙ ええ?!

Photo

 6480円が 半額で売ってたりしましたが

 なんと だーたー (^_^;)ゼロ円 

Photo

 正直 困りました・・・だって 我が家は Appleなウチなので

 Androidは 今回の BRAVIAだけだし

 それに さすがSONYさん なんと Android TVは Google Home Mini で動かない・・・(−_−;)

 Siriさんで できることは Google Homeでもできる って感じです

 まぁー たしかに 『ねぇ Google』ってのはすごい認識率なんですけれど

Photo

 音楽も Spotifyを登録して 流せましたが

 別にねぇー そんなに音良くないしねぇ〜 (^_^;)

Photo

 家電を操作するには 3万以上するNature Remo とかがないと

 かなり こねくり回さないと できないし・・・

Photo

 最初から 赤外線学習リモコンの機能を付けないのか

 甚だ 疑問な製品です ヽ(´〜`;)ノ

 ただ 今のところ TV連携でうごいたのは

 『TVでYoutube の XXXの動画を写して』ってやつ TVの電源が入って、ちゃんと再生します

 ちょっと不思議な感覚 (^_^;)

 NETFIXもリンクしてみたけど 結構 分かりにくいし ちゃんと動かない・・・

 どうも かなり めんどいね・・・

Photo

 今のところ 不要かなぁ~ Nature Remoみたいなものが

 1万円台とかなら 欲しいけれどねぇー ( ´△`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Amazon プライムフォト は おすすめ

Photo

 年額3900円のAmazonプライム お試し というのに釣られて

 自動継続されたという 入れ食いのお魚状態の私なんですが

 Amazonさんもその3900円/年に付加価値を付けて

 釣った魚をリリースしないように 気を使っているのか

 Amazonプライムビデオが 無料で見られるとか

 プライムMUSICが無料とか 色々サービスを拡充していて

 まんまと釣られた 私も だんだん いけすの中で暮らすのも

 悪くないかな? と思うようになったのですが・・・(^_^;)

 今頃 ですが Amazon Drive の1種 である プライムフォトの記事を

 眼にしました

 プライムフォトからダウンロードした写真はリサイズされる?!対処法あり

 なにーーい!? プライムフォトは 静止画像であれば サイズにかかわらず

  無制限に保存可能!?

 しかも、無劣化?! \(;゚∇゚)/おお! マジカ!

Photo

 ということで ものは試しと サイトから Mac用のアプリとiPhone 用のAppをダウンロード

Photo

 ブラウザからログインすれば ストレージの管理もできます

 動画ファイルなど 静止画以外は 5GBの枠なので

 ほぼ使えませんが、どんなサイズの静止画でも RAWでも無制限に保存可能はすごいね

Photo

 ということで、Macでかつて 使っていた iPhotoの7万8千枚の写真を

 ごそっと プライムフォトにアップロードを開始しました

 iPhotoなので たまに 動画があって 5GBを超えちゃって 途中で 

 超えたよ って警告がきますが

 そしたら 拡張子で *.mov とか *.AVI とか MVI* とか 検索して ごっそり消して

 さらに ゴミ箱からも削除すれば 数分でまた アップロードが続く感じ

 5万7千ファイルほど アップロードしましたが まだまだ 時間はかかります

 でも、バックグランドでやっているし 帯域も制限できるので
 安楽です

 ローカルHDDに多重にバックアップも取っているので

 クラウドにバックアップにも取れれば さらに安心

 iPhoneからも写真を確認できるし

 写真用としては 今のところ 最強かしら? (^o^)

Photo

 将来 有料にならないとは限りませんが

 今のところ アメリカでも 写真は無制限 無料なので

 しばらくは大丈夫だと 思うので おすすめです (^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iMac 27in Late2012 内蔵3TB がお亡くなりで 修理 そして お掃除

Photo

 iMac 27in Late2012 の内蔵 FUSION 3TBのハードディスクが認識しなくなりました

 まぁー わたしのモデルはかつて HDDに問題があって、リコール対象だったのですが

 なにしろ メインマシンなので 無くなるとこまるので

 先延ばしにしていたら 期限を過ぎてしまいました (^^ゞあちゃー

 で、外付けのSSD 1TBで運用していたのですが

 今後のこともあるので、ちゃんと直しておこうと Appleのサポートに電話予約して

 電話で相談 この担当者が結局 かなりいい加減なことを言っていたのは

 あとで 分かったことなんですが、促されるまま 近場のビックカメラに持ち込み

 27inのバカデカイ 箱をとっておいて 良かった (^_^;)

Photo

 で。43308円で修理完了

 本当は 自分でHDDを交換すべく、HDDの温度センサーやら専用両面テープ

 それにHGSTの4TB HDD、両面テープハガシの工具なども用意していました

 が、しかし 売却できなくなるので ちゃんと修理しておきました

 意外に このiMac高いみたいなので・・・(^_^;)
 
Photo

 そして 帰ってきて 下部の吸気口のホコリが目についたので

 ダイソン君で 吸いましたが 奥のほうが取り切れず・・・

Photo

 ボール紙に切れ目を入れて ゴシゴシ

Photo

 うん とれるね・・・きちゃない・・・(^_^;)

Photo

 大分 きれいになりました・・が もうちょい

Photo

 で、最終的には こんな感じに(◠‿◠)

 これで まだしばらくは 現役かなぁー (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMac 27in Late2012 内蔵3TB 不具合発生!外付SSD化 crucial MX300 1TB

Photo

 どうも最近メインマシンのiMac 27in Late2012が ビミョーに調子が

 悪かったのですが 再インストールしたり、ジタバタしながら使っていたのですが・・ 

 ついに ある日 起動したら FusionDISKの SSDのみが認識されていて

 内蔵ハードディスクが ない・・・(; ̄ー ̄川 うっ

 ということで 秋葉原の秋葉館で買ってきました SSD 1TB

 Macでは crucialが有名で わたしとしても 仕事も含め何台も使ってきましたが

 相性的にも 問題ありませんでして 今回もこれ

 で、こういうのは やっぱり秋葉原が断然安い 

 今回は がんばって 1TB 34800円にしました

 2016年に発売された MX300でした

Photo

 で、最初は 禁断のiMacを分解して 内蔵HDDを新しいHGSTの4TBに換装する 

 決断しました

 ご承知のとおり iMacは正面のモニターガラスが両面テープで

 固定されていて これを壊す勢い(^_^;) 剥がす必要があります

 上級者向け と言われてます (;´∀`) まぁー 得意分野ではありますが・・・

Photo

 で、両面テープやら サクションカップやら、温度センサー付きSATAケーブルを

 amazonで買っておきました

 amazon 相変わらず 納品が早すぎです (^_^;)
  
Photo

 で。分解する寸前に 私のマシンの買い取り価格を調べてみたら・・
 
 core i7のBTOモデルということもあって 意外に高い! (;・∀・)おー
 
 当面 外付け起動SSDとして Thunderboltで接続することにしました
 
 
Photo

 で、試しに STARDOMのThunderboltケースにSSDを入れて

 ベンチマークしてみたら 内蔵HDDの3倍近い転送速度! \(;゚∇゚)/爆速!

Photo

 で、2.5in用のThunderboltケース

 [42510] Thunderbolt対応 2.5インチSATA HDD/SSD用外付ケース
 
 を秋葉館で買いました ¥10,286

Photo

 で、装着は簡単

 でも ケースのThunderboltのチップのせいか 

 STARDOM ST2-TB よりは ちょっと遅い転送速度でしたが

 それでも 結構早い! 

Photo

 ということで、また外付けディスクが増えちゃいましたが

 一瞬で消えるデジタルデータなので 多重 多重のバックアップ体制を

 とって 当面安心安全 (;´∀`)

 でも、やっぱり内蔵3TB HDDはダメっぽい・・・(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbolt外付HDD STARDOM ST2-TB 冷却系改造編

Photo

 で、クルマは吊るしので乗りますが(^_^;)
 こういうものは すぐにいじってしまいます

 外付HDDを買ってすぐ 後ろのファンガードを

 はずしました 特に 危険じゃないし、抵抗になるから・・・

Photo

 次に 今はもう売ってない ブラック・アンド・デッカーの

 リューター で ガァー! っと (^_^;)

Photo

 大胆にも大穴を開けました (^^ゞ

Photo

 こんな感じで エアフロー改善 (^o^;)

Photo

 で、付いているファンを調べたら

 Y.S TECH FD124010LL 40mm角 10mm厚 向かって左側です

 特に騒音レベルも書いてないので 気にしていない感じ (^_^;)

Photo

 で、同じサイズで 日本製 しかも静音タイプを購入

 このAINEXさんの CFZ-4010SAは4000rpmですが

 もうちょっと回転の低い さらに静かなものがありましたが

 今回はこちらを買ってみました

 amazonで買ったら 翌日来てビックリ ( ̄0 ̄;)

 そんなに早くなくてもいいのに・・・

 ヤマトさん ありがとう

Photo

 右がAINEX 羽根の数や形状が違いますし

 ベアリングは ポーライト(日本)製 のボールベアリング

Photo

 裏面のネジ2本を外すと 前方に

 すっぽり 中身がスライドして取り出せます

Photo

 こーんな感じ

Photo

 これがY.S TECHのファン

Photo

 回転数コントロール付きの3本ケーブルですね

Photo

 で、ファンを外して コネクタ部分をカットして

 フランケンシュタインします (^_^;)若い人知ってる? 

Photo

 で、サクッと付きました

 電源ケーブルも ちょっと移動して エアフローの邪魔にならないようにして・・・

Photo

 組み立て完了!

 動作させてみると かなり静かになりました!

 フォ〜 と僅かに 音がしますが ほぼ気にならないレベル

 さすがの日本製だなぁー (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbolt外付HDD STARDOM ST2-TB 購入編

Photo

 5D MARK4になって ますます写真データもでかくなって

 それに加えて 最近は動画もバシバシ撮るもんだから

 データ量がすんごい状態 (−_−;)

 もうiMacの内蔵HDD 3TBでは全然無理なので

 2016年に 外付け6TBミラーの Western Digital MY Book Pro を導入しました

 ところが これも残り1TBを切ってしまったので

 秋葉原のMacユーザーの御用達 秋葉館にいってきました

 ここは まったく愛想がないのが 困ったもんですが・・・(^_^;)

Photo

 で、バックアップでなく 生きているデータを扱うので

 安定性と速度が必要 ということで ちょっと高いけど

 ThunderboltのHDDケース にしました

 その中でも 個別認識をサポートする 台湾の STARDOM ST2-TBを購入

 36000円ほど

Photo

 開けてみると こんな感じ

 CDは紙と同じ 内容のマニュアルしか入ってなくて 無駄だなぁー

 高価なThunderboltケーブルが付いているのは ありがたい(^o^)

 小型なので 電源はACアダプタ

 ゴム足 とか ネジとか・・

Photo

 裏はこんな感じで Thunderboltがデイジーチェーンできる

 ようになっています

 RAIDモードもここのSWで決めます

 JBOD と書いてありますが まとめるJBODじゃなくて

 個別認識できるようです

 電源SWが 軽い操作のシーソーSWで ちょっと危なっかしいかな。。。

Photo

 正面はこんな感じ 気になる 冷却のエアフローは

 隙間から取り入れる感じ

Photo

 付属のピンで HDDカートリッジをあけるような構造

 ピンは面倒だなぁ〜 (・_・;)

Photo

 カートリッジはこんな感じ

 このパンチングメタルの部分は 邪魔だなぁー

 空気抵抗になるよな・・・

Photo

 裏側から見ると 一体で パンチングのところだけは

 取り外せない・・・

Photo

 SATAの女の子のコネクタはこんな感じ

 基盤にエアフロー用の 穴があいてますが

 電源ケーブルが邪魔してるね・・・

Photo

 で、一応 動作確認のために 日立の4TBを2本装填

Photo

 うん わるくないね・・・

 でも、動作させてみると 小型の□40mm✕10mm厚 のファンが

 ひゅー! といって うるさい なぁー (-_-;)気になる

 大きなボディーの方にしればよかったかな

Photo

 で、構成としてはこんな感じ

 ウエスタンデジタルの6TBミラーで 写真データ

 今回の STARDOM にムービーデータ

 それらを USB3.0のHDD多数でバックアップします

 バックアップソフトは

 Carbon Copy Cloner と

 Intego Backup express (販売終了)

 Sync!Sync!Sync!LE

 と 純正 TimeMachine

 一応 SynologyのNASでも 動画ファイルはバックアップとってますが

 ネットワークをGIGAにしていても 激遅なので NASってダメですね・・・(・_・;)

 で、HDDは冷却が大切なので 冷却改善と音問題の対策を次回に (*゜▽゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧