« KL発券 2回目のKL 10 リトルインディアに行ってみた | トップページ | KL発券 2回目のKL 11 ウエスティンKLから クアラルンプール空港へ »

ドライブレコーダー BMW Advanced Car Eye 2

Photo

BMW G20 320d X Drive M Sport 長い! ^^; を買った訳ですが


 YouTubeにこのドラレコの動画を上げましたので
 良かったら みてみみてください m(_ _)m

ドラレコは 420iで付けていた HP F310 

をそのまま付けよう と思っていたのですが、なんと 営業さんから

取り付け工賃も入れると11万円位する 純正ドライブレコーダー

BMW Advanced Car Eye 2を付けてくださることに \(^o^)/わーい

BMW Advanced Car Eye 2は 紛らわしいのですが

BMW Advanced Car Eye 2.0の後継機 で リアが筒状に変更されたもので

なんでも リアブラインドと干渉するのが理由だったみたい

ということで なんと 2.0と 2は違うというお話です ^^;

BMW ADVANCED CAR EYE 2.0(2ではなく2.0)

で このドラレコを作っているのは 韓国の

Mobile Appliance Inc

という会社 

このドラレコのすごいところが なんと 24000GHz帯を使う レーダーを搭載している事

前面 レンズの右隣の四角い窪みがレーダーだそうです

その他 Bluetooth  Wifi (802.11n 2.4GHz)

GPS Gセンサー とてんこもりです (;・∀・)

肝心のカメラは F&R CAMERA 1920*1080 30fps

32GBのMicr SDカードが付属していて

Parking Mode で 39min

Drive Mode で 156min が保存可能

Photo

リアカメラはこんな感じ リアウインドにスモーク貼ってあるので 夜が・・^^;

で、日本語音声で イベントが発生しました とか 録画を開始しました とか

言うんですが これがなかなか たどたどしい感じで 脱力感あります (^ o^;)ゞ萎え 

Photo

操作は ほとんど スマホアプリの ACE 2.0から行います

 

Photo

開いて 接続すると こんな感じ 接続するときに繋がらなかったりして

BluetoothをOFFったりする必要があったりしますねぇー 

上の画像では レーダーでのイベントはなし

Gセンサーのイベントは3件 となっています

 

Photo

添付で32GBのMicro SDが付いてきますが 32GBだと カメラがリアにもあって2台なので

常時録画だと 156分程度の録画時間しかないみたい・・

なので 64GBにしましたが SDカードの話は 後述 (^_^;)

 

Photo

こんな感じで 日付とか速度を画像に書き込むかどうかなどの設定 マイクの音声も記録するかとか

駐車モードで 駐車中にGセンサーと レーダー検知で 撮影するかとか

あります 車両バッテリーも監視していて 低バッテリーなら動作を止めるみたい

 

Photo

録画を選ぶと ドラレコ内部のサムネイルが パラパラと 

かなり時間かかって表示されます ^^; 遅い・・

どれか選んで スマホにダウンロードですが これが遅いねぇー ^^;

802.11n 2.4GHz 40MHzのWifiなんですが・・・うーん

で、スマホにダウンした後 スマホで見られますが・・・

これを PCとかに送る方法がない! ┐('〜`;)┌ えー!

Photo

で iPhoneを Catalinaの iMacに接続すると・・

こんな感じで ACE 2.0の下にデータファイルが見えるので これをPC側にコピーすれば

良いことが分かりました (^o^)

Photo

もちろん Micro SDを PCに接続するのがまぁー 王道かもしれませんが・・

こんな感じで ファイル名の末尾に「E」が付くのが 急ブレーキ踏んだとかの

イベント発生の映像みたい

しかしまぁー 今どき 動画フォーマットがAVIかぁ〜 (・・;)

で このファイルが困りました・・・

この1つのファイルに フロントとリアの動画が トラックを分けて 記録されてます

Apple の Final Cut Pro Xでは もはや AVIフォーマットは扱えません・・・orz

VLCでは トラックを選んで再生できますが それぞれを分割して 書き出せませんでした・・うーん

ということで 探して探して なかなか素晴らしい 動画編集ソフトに出会いました

無料の 動画編集ソフト 「Shotcut

オープンソースで Windows/Mac/Linux のクロスプラットフォーム というすごいヤツです \(^o^)

Photo

ダウンロードして インストールするだけ

Advanced Car Eye 2 のファイルを読み込ませると トラックを選択できて

それを別々の MP4に書き出せました

 

Photo

こんな感じ 

トラックを分ける ソフトは他にもありそうな 予感はしますが

書き出しも速いし このソフト すげぇー って感じ

で、フロントとリアを分けた MP4を Final Cut Pro Xで 編集という流れができました

で、SDカードですが・・・

Photo

添付の32GBの代わりに 手持ちの 

サンディスク microSDXCメモリーカード 64GB Class10 UHS-IUltra PLUS

を差してみたところ 問題なく動作しました

ただドラレコで書き換え回数の問題あって Advanced Car Eye 2の

取説でも MLCチップを使用した Micro SDが指定されてました

通常のTLCチップは1000回の書き換え 

MLCチップは 10倍の 10000回です

まぁー TLCの1000回でも 64GBだと 僕の使い方だと 

2日以上持つから 単純計算で3年位は使える計算 

海外掲示板では 128GBも認識するようなので
MLC チップ使用の


SanDisk High Endurance microSD Card 128GB を買ってみました

さーて 認識するか・・

Photo

で さすが Amazon 翌日に納品 (^_^;)う〜早すぎ

これ 海外パッケージ版なんで 安いんです 2839円

保証の問題はありますが・・・

こういうものは amazonとか 秋葉原に限ります (^_^;)

で、これを早速 Advanced Car Eye 2に挿してみると

見事 さくっと認識 フォーマットできました \(^o^)/

MLCチップなので 10000回の書き換え耐久 !

128GBなので 私の使い方でも4,5日は書き換えされない計算

しばらくこれで運用します (^o^)

 

 

|

« KL発券 2回目のKL 10 リトルインディアに行ってみた | トップページ | KL発券 2回目のKL 11 ウエスティンKLから クアラルンプール空港へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KL発券 2回目のKL 10 リトルインディアに行ってみた | トップページ | KL発券 2回目のKL 11 ウエスティンKLから クアラルンプール空港へ »