« 新宿三丁目 虎連坊 とられんぼう で プチオフ | トップページ | 2015 OKA−SIN1 修行 5 日帰りで 再び羽田へ JL916 »

2015 OKA−SIN1 修行 4 壺屋やちむん通り

Photo

 さて、通常運転です(^_^;)

いつも 読谷村のやちむんの里に行って
 
 沖縄の焼き物を買ってくるのですが・・・
 
Photo

 時間のない こんな修行では 読谷まではなかなか足をのばせません
 
Photo

 那覇市内には 壺屋やちむん通り という焼き物の
 
 通りがあるみたいよ とカミサンのリサーチ (*゚▽゚)ノサンキュ
 
 国際通り近くのゆいレールの駅 牧志から少し歩くと
 
 こんな 焼き物の小道が始まります (*゚▽゚*)
 
Photo

 さすが 暖かい那覇 桃の花でしょうか 
 
Photo

 建設中のビルはなんだろう? と見ると HYATTでした
 
 2015年7月オープンとか
 
 那覇市内にはそんな豪華ホテルはないので
 
 これはいいかもしれませんね
 
Photo

 さて 壺屋やちむん通りのメイン通りに来たみたい
 
Photo

 那覇市立壺屋焼物博物館 

 かなり入りたかったけれど

 時間がないので パス (・_・;)

Photo

 沖縄らしい 石畳の道

 真夏だったら 灼熱で厳しいだろうなぁー (^o^;)

Photo

 道に面した 焼物のお店をすこし覗いてみます

 私は 北鎌の与那原さんの作品が好きなので

 それを探します 

Photo

 そして まさに出会い! 那覇のこのお店で出会いました
 
 真南風まるかつ さんです 
 
 外のガラスから中を覗いていると・・
 
 あ、このブルーは! 
 
Photo

 店内に入って その焼物を手にとってみました
 
 
Photo

 与那原ブルー そっくり
 
 でも、ちょっと ちがって より繊細な感じ 
 
 土もより 白ろく繊細
 
Photo

 全部 だして頂いて お話しを伺うと・・・・なんと!
 
 私の 大好きな 与那原さんの お師匠の作品
 
 しかも そのお師匠というのは 大嶺實清先生という方で
 
 正に巨匠 
 
 与那原さんのよりも ブルーのくすりが薄く
 
 無骨さがない 実に上品なものでした
 
 すでに82歳になる大嶺先生の作品はなかなか出てこない
 
 ということで、ここは慎重に選びます (^o^;)
 
 3500円ほどでした
 
Photo

 カミサンはかみさんで サトウキビの染料でそめた
 
 薄緑色 ショールを購入
 
Photo

 いやぁー このぐい呑み いやぁー上品だなぁー
 
 与那原さんの 素朴というか 荒い感じも大好きだし
 
 当分 このブルーにやみつきです
 
Photo

 さて、もうあまり時間がないから ミッション果たしにいきましょう!
 
 (^o^;)ゞてへ
 

|

« 新宿三丁目 虎連坊 とられんぼう で プチオフ | トップページ | 2015 OKA−SIN1 修行 5 日帰りで 再び羽田へ JL916 »

コメント

写真の色と現物の色が合わないことがよくあります。
chandraさんなら上手に色を出せてるでしょうね!
ほんといい色してますね。
私も欲しくなりました。

投稿: morihan | 2015.03.09 18:47

morihanさん こんばんは (^^)

そうですね ホワイトバランス そして露出
色味まで 大きくLightroomでいじることは ほぼありませんが
肉眼に近づけたい という願望は大きくて カメラの限界を
いつも感じています
人間の眼って偉大ですよね (*゜▽゜)ノ

また よろしくお願いしまーす m(__)m

投稿: chandra | 2015.03.09 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/61190138

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 OKA−SIN1 修行 4 壺屋やちむん通り:

« 新宿三丁目 虎連坊 とられんぼう で プチオフ | トップページ | 2015 OKA−SIN1 修行 5 日帰りで 再び羽田へ JL916 »