« OKA-SIN修行2 8 奥武島 おうじま いまいゆの店 奥武島海産食堂 | トップページ | 八海山 千年こうじや 日本橋 »

OKA-SIN修行2 9 山の茶屋 楽水

Photo

 奥武島で昼食を食べて 空港近くのショッピングモール
 
 あしびなー に行こうかと思いましたが
 
 まだ行ったこと無い とは言え 所詮はショッピングモールだし・・
 
 この近くにはカフェが色々あるようなので
 
 時間はないものの そちらに行くことにしました
 

 
  奥武島から北上すること1Kmあまり
 
Photo

 数台とまれる 駐車場があります
 
 ここは さちばるの庭 と言われ 何軒か素敵なカフェが
 
 点在しています 
 

Photo

 この階段をのぼって行くと・・・
 
 木造の建物が現れましたが・・・
 
Photo

 おっと ドアが閉まってますね
 
 でも、いらっしゃいませ とあるし・・・電灯も点いてるから・・・
 
 こちらが さちばるの庭 山の茶屋 楽水さんです (^_^)すてき
 
Photo

 ごめんくらさい・・・キョロ(゜.゜*)(*゜.゜)キョロ
 
 あ、靴脱ぐのね・・・
 
 えー あのー
 
Photo

 案内されて 入ってみて ちょっとビックリ! ( ̄0 ̄;)おお
 
 一番奥は やまの岩肌そのもの
 
 岩肌に寄り添って建てられているんですね
 
 いやぁー 素敵! 雨なんかはどうやってるのかな・・・
 
Photo

 2階にあがると 並んだ窓辺に畳がしいてあって
 
 そこに座るというスタイルと
 
 椅子席が何席かありました
 
Photo

 こんな感じ
 
Photo

 その奥にはこんな和室が
 
 昔は どなたかの別荘だったような風情ですね
 
 ここが寝室かしらん
 
Photo

 厨房は1階で 昇り降りが大変そうです (^_^;)
 
Photo

 カミサンはチーズケーキ
 
Photo

 私は黒糖シフォン
 
 もっと 黒糖風味があると よかったけど
 
 ふわふわで グッドでした (^_^)
 
Photo

 奥の岩肌に触ってみましたが
 
 ガチガチですね ドシャブリの日は 入ってくるよなぁー
 
Photo

 2階から 下を見ると 1階はちょっとしたギャラリーにもなっています
 
Photo

 実に静かでまったりできます 
 
Photo

 子供連れでいらしたご家族もいらっしゃいましたが
 
 キチンとしつけられていて 静かにしていて
 
 良い子でした (^_^) えらいね
  
Photo

 ここは 沖縄ならでは のヘルシーなお料理もあるので
  
 また来てみたいし、他にもお店が何軒もあるので
  
 また来ます! (^-^)
  

|

« OKA-SIN修行2 8 奥武島 おうじま いまいゆの店 奥武島海産食堂 | トップページ | 八海山 千年こうじや 日本橋 »

コメント

おー、すごい!
凄く隠れ家的なカフェでいいですね~。
初めて中に入るのにワクワクするお店って好きだなぁ(^^)

投稿: morihan | 2014.11.07 07:01

素敵なお店ですねー(^^)
本なんか持ってゆっくりと優雅な時間を過ごしてみたいです。
でもシャチョーと行ったら興奮して静かにしていられないだろうなぁ(^^;)
黒糖シフォン食べてみたい。。。。

投稿: Detour | 2014.11.07 11:49

Detourさん こんにちは (^O^)

>ゆっくりと優雅な時間を過ごしてみたいです。
近くにこんなお店があったらいいなぁー (╹◡╹)
なんて思いました

>シャチョーと行ったら興奮して静かにしていられ
シャチョー いい子にしているみたいじゃないですか
(^^)


また よろしくお願いいたします m(__)m
----------------------------------------
morihanさん こんにちは (^O^)

>初めて中に入るのにワクワクするお店って好きだなぁ(^^)
そうですね (^O^)本当に
久しぶりに 素敵なカフェにいくことができました
(^O^)


また よろしくお願いいたします m(__)m

投稿: chandra | 2014.11.07 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/60496569

この記事へのトラックバック一覧です: OKA-SIN修行2 9 山の茶屋 楽水:

« OKA-SIN修行2 8 奥武島 おうじま いまいゆの店 奥武島海産食堂 | トップページ | 八海山 千年こうじや 日本橋 »