« アモーレ! イタリア旅行記 29 Bar Pasticceria Di Rossi Franco バール パスティッチェリア | トップページ | アモーレ! イタリア旅行記 30 ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi 後編 »

アモーレ! イタリア旅行記 29 ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi

Photo

 ウフィツィ美術館の見学なのですが

 あまりにもすごくて大興奮でした (^ o^;)

 この有名な絵 分かりますよね 

 この本物の絵に40cmくらいまで近寄って見ることができます

Photo

  ロッジア・デイ ・ランツィ という屋外の展示場にある
 
 メドゥーサの首を持つペルセウス 
 
 メドゥーサだから女性なんですが なかなか生々しい感じもあって

 印象的でした 
 
Photo

 題名やテーマはやっぱりこの時代なので

 ハードなのですが 美しいなぁ

Photo

 ウフィツィ美術館も予約して入るのが普通だそうで

 そういう事はツアーでやってくださるので安楽です (^ o^;)ゞ

 で、ウフィツィ美術館に入館

 ガイドの方に伺うと ストロボは絶対だめだけれど

 ストロボを焚かなければ ツアーで申し込んでいるので

 撮影しても大丈夫です ということで \(;゜∇゜)/マジ?

 ということで ワク♪o(^o^)oワク♪

Photo

 これがそのチケット

 8:45から9:00までに入りなさい とアバウトなイタリアだからこそ

 厳しいのかな・・・

Photo

 いきなりこれですよ
 
 ウルビーノ公夫妻の肖像 おお( ̄0 ̄;)本物?! あ、本物!

 触れる程の距離まで近づいて拝見 (◉o◉)うう

 撮影禁止にきまっているだろ って思ってましたが

 ツアーガイドさんから ストロボ焚かなければ撮影は自由です

 と言われて ちょっとビックリ

 なんでも ウフィッツィー展を日本でやった時も 撮影可だったそうです

 当然 係官が1,2名 各フロアにいますが

 もう みなさん 撮りまくり (^ o^;)ゞ たまにコンデジで

 ストロボ焚いちゃった人が 怒られてましたが・・・(^o^;)

Photo

 私の5D2にはストロボついてないし・・(^_^;)

 スタッフさんの前で撮影しようが ビデオ撮ろうが

 まったく指摘を受けること無く ちょっとビックリでした

 ヨーロッパでは こういうところよりも お店の中の方が

 よっぽど厳しい印象でした 

Photo

 で、ボッティチェッリのプリマヴェーラ

 教科書でしか見たこと無い名画がどんどんでてきます\(;゚∇゚)/おお

Photo

 なんたる透明感
 
  500年前の絵画とは思えません

Photo

 これまたボッティチェッリのヴィーナスの誕生
 
 わたしとしては 次の絵で ひっくり返りそうになりました(^o^;)
 
Photo

 レオナルドの受胎告知
 
 ほ、 本物です 本物! 日本に来た時は二時間半まって
 
 結構離れてだったそうですが 顔を40cmくらいまで近づけて見られます
 
 うーん あの受胎告知の本物がそこにある
 
 と思うだけで大興奮 (;゜∇゜)うう すごい・・・
 
Photo

 マリア様の前のテーブルは正面からみてこんな感じ
 
Photo

 右サイドから斜めにみても見る者の方を向いているように
 
 描かれています
 
Photo

 ウフィツィ美術館の回廊から見えるベッキオ橋
 
 橋の2階部分 ヴァザーリの回廊 が こちらの建物からずーっと
 
 続いていて 誰の目に触れること無く メディチさんは出勤できたそうです
 
 その中をみてみたいなぁー
 
 個人では受け付けてないそうで ツアーなら可能みたいです
 
Photo

 またまた 度肝を抜かれたのがこのミケランジェロの
 
 聖家族 これも教科書レベルですねぇー
 
 なにがすごいって そのツヤつやで 鮮やかな色
 
Photo

 この絹のツヤって感じで
 
 量感もたっぷり グラデーションがいいなぁー うーん うつくしい
 
Photo

 ということで、今度は新館ですね・・・
 

|

« アモーレ! イタリア旅行記 29 Bar Pasticceria Di Rossi Franco バール パスティッチェリア | トップページ | アモーレ! イタリア旅行記 30 ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi 後編 »

コメント

ルーブルもそうでしたが、欧州の美術館は開放的ですね。
美術教育も日本とは根本的に異なるような気がします。

投稿: たまごサンド | 2014.07.28 20:05

たまごサンドさん こんばんは (^^)

日本でも思いますが こんなに有名な美術品を必要以上に撮影禁止にするのは 自己保身以外ないように思います

また よろしくお願いしまーす m(__)m

投稿: chandra | 2014.07.28 20:21

こんばんは!
美術館が撮影禁止は日本だけなんでしょうかねぇ?
どんなに師匠の腕がよくても本物には敵いませんねw
しかし、この色つや。何世紀も前に描かれたものとは思えませんね。
素晴らしい!

投稿: life87 | 2014.07.28 21:23

life87さん こんばんは (^^)
本当に どうなんでしょうね
ストロボ禁止にして こんな感じで みんなに知ってもらう
という考え方の方が 美術として正しいような気持ちです

>師匠の腕がよくても本物には敵いませんねw
本当に 肉眼で はい この眼で 見てきました
本物っていいですね (^^)
また よろしくお願いしまーす m(__)m

投稿: chandra | 2014.07.28 21:39

館内、明るい!こんなに明るい美術館ってナニ?
明るいところで見たいな~って思っていましたが、ここは豪い!
色艶が、すごい。伊達に残ってないですね~

二時間半?私も待ちましたね。見るのは30秒くらいかな?

投稿: さいえん | 2014.07.29 06:39

ほんとタメ息ものですね、、、、
画の素晴らしさはもちろんのこと、額縁のすばらしさもまた絵画の
素晴らしさを引き立てているように思えます。
それにしても写真OKってすごいですね(^^)

投稿: Detour | 2014.07.29 09:21

さいえんさん こんにちは (*^_^*)/"'

なるほど! 確かに明るいですね(^_^)
日本の美術館はそういえば 暗いですね
明るいから なんだか、フツーな感じがしちゃいましたが
見ている絵は とんでもなく凄いモノ という
感じが 暗い演出がないので あまりしませんでした
(⌒-⌒; )

しかし、さいえんさん 行かれたんですね!
(◉o◉)/

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m

投稿: chandra | 2014.07.29 18:05

Detourさん こんにちは (*^_^*)/"'

いやぁーもうこんなに間近で見ることができるとは
ビックリでした
大変な名画が次から次へと出てくるし (^o^;)

ホームぺかだと、申請が必要なように読めたんですが
少なくとも運用は違うようでした(^_^)

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m

投稿: chandra | 2014.07.29 18:13

コメ遅くなりました!
撮影自由だなんてなんてうらやましい事でしょう。
日本では撮影しても影響がないものでも禁止にしてますからね!
また撮影者の腕が一流なので凄く自然な写り具合で実物を見てるようです!

投稿: morihan | 2014.07.31 07:00

morihan さん こんにちは (^O^)

>撮影しても影響がないものでも禁止にしてますか
ほんとですよね 
とんでも無い奴がたまにいるのかもしれませんが・・

>く自然な写り具合で実物を見てるようです!
ありがとうございます (^-^)
でも、本物の質感 立体感には到底・・(^_^;)


また よろしくお願いいたします m(__)m

投稿: chandra | 2014.07.31 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/59950650

この記事へのトラックバック一覧です: アモーレ! イタリア旅行記 29 ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi:

« アモーレ! イタリア旅行記 29 Bar Pasticceria Di Rossi Franco バール パスティッチェリア | トップページ | アモーレ! イタリア旅行記 30 ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi 後編 »