« 軽井沢  ふりこ茶房 | トップページ | Fridgeezoo フリッジィズー »

軽井沢 ふりこ茶房 から 帰還編

Photo

 静かな 軽井沢 ふりこ茶房
 
Photo

 しかたない・・そろそろ行きますか
 
Photo

 ということで、ちょっと池までひとり降りてみました
 
Photo

 水芭蕉を久しぶりにみました (^^)
 
Photo

 それでは 出発しましょうか。。。
 
Photo

 まだこの時点では 関越の渋滞はワンブロックでしたが
 
 赤いブロックはすぐに成長すので・・・ヽ(´〜`;)やば
 
Photo

 クネクネの旧道を降りて行くほうが結構速かったりして・・
 
Photo

 横川SAに寄って 定番の。。。。
 
Photo

 夕飯の代わりに峠の釜めしを4つ
 
 1個1000円かぁー 高くなったなぁ〜
 
Photo

 4人分で4000円だもんなぁー (・_・;)
 
 ま、この容器を考えれば仕方ないよね
  
Photo

 横川の表示では すでに関越はかなり赤くなっていて
  
 こりゃ 全部赤いのがつながるな・・と
  
Photo

 こうなってしまえば しかたない
  
 北関東道で東北道経由に決定!
  
 さすが? 土地柄か、すごいお車がいっぱい・・^_^;
  
Photo

 途中 AUDI TTをブッチして 出流原PAで最後のご挨拶
  
Photo

 4週連続のたまごサンドご夫妻とのダブルデートも
  
 これで一旦 おしまい 
  
 また どこか行きましょうね (*゚▽゚)ノ
  

|

« 軽井沢  ふりこ茶房 | トップページ | Fridgeezoo フリッジィズー »

コメント

こんばんは!
毎週おデートなんですねぇ。
すごーい!
峠の釜めし、懐かしいなぁ。
駅弁時代も買ったことがありますし、SAでも買ったことがありますが、あの当時は幾らだったんだろう?全く覚えてません(^_^;

投稿: life87 | 2014.05.13 22:34

新緑には早過ぎましたが、その頃旧道からまた寄りたい所です。
御殿場も宜しくお願いいたします。

投稿: たまごサンド | 2014.05.13 22:40

life87さん こんにちは (^.^)/*

(^_^)
わたしも良く 松本方面の会社に行っていたので
乗り換えとかで買っていました
学生時代はそんなにおいしいと思ったことはなかったのですが
数年前に食べて おいしくてびっくりしたことがあります
(^_^;)

また よろしくおねがいしまーす  m(__)m
-------------------------------------------
たまごサンドさん こんにちは (*^_^*)

落ち着いていて 林の中を走るのもよかったですね
御殿場はいろいろあって 忙しくて ちょっといろいろ心配です(^_^;)

また よろしくおねがいしまーす 

投稿: chandra | 2014.05.14 07:15

スカイラインですかね。ジャパンあたり?

関越の渋滞、ひどいですね。
私は走れるところまで頑張って後は下道をトコトコと。
寄居にバイト先があったので小川町から飯能へ抜ける道は良く使いました。
今は所々バイパスも出来て快適に走れそうです。

投稿: PEDI | 2014.05.14 09:45

峠の釜飯とは懐かしいですねー!
釜飯は美味しいけれど食べた後の釜の処分に困りますよね。
私が初めて買ったときは400円くらいだったかな??

投稿: morihan | 2014.05.14 20:59

PEDIさん こんにちは(^_^)
確かにスカイラインっぽいですね
ヘッドライトの傾き具合からして(^_^;)
関越は、ちょっと緩い傾斜で、すぐに自然渋滞
(^_^;
一度 降りたことありますが、要領がわるかったので
降りて、一般道にまで出るのが大変だったことがあって
結構トラウマです(^◇^;)

また よろしくお願いしますm(__)m

投稿: chandra | 2014.05.15 06:10

morihanさん こんにちは(^_^)

あーそうですね!
360円とかだったかもしれません(^◇^;)
あの頃の、どらいぶいの景色がよみがえりました
(^_^)懐かしいなぁー

また よろしくお願いしますm(__)m

投稿: chandra | 2014.05.15 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/59542442

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢 ふりこ茶房 から 帰還編:

« 軽井沢  ふりこ茶房 | トップページ | Fridgeezoo フリッジィズー »