« 小出ツアー 2014 Part 6 緑川酒造 見学編 中編 | トップページ | 小出ツアー 2014 Part 8 割烹 浦島屋 »

小出ツアー 2014 Part 7 緑川酒造 見学編 後編

Photo

 いよいよ緑川のお酒が誕生する圧搾機
 
 これはまさに 船口ですね (^o^)
 
Photo

 あれ? 大平社長 船口からまたついでくださるようです
 
 ( ̄0 ̄;) これは 地元農家との契約栽培で収穫された酒米

 北陸一二号 で作られた年に1回だけ 出荷される
 
 超限定酒 霞しぼり の搾りたてです 
 
 これは 今年 誰一人として 飲んだ人はいませんよ
 
 って 社長さん ヽ(゜ロ゜;)ノ  ええー! いいんですか?!
 
 で、もうメチャ おいしい! 濃厚!!(*゚▽゚*)すげぇー
 
 霞しぼりは この圧搾機と ゆっくり絞る 昔ながらの
 
 搾り機から取ったものをブレンドするそうです
 
Photo

 で、他のタンクの香りの違いを嗅がせて頂いたり・・
 
Photo

 こちらが 手間と時間がかかる 沢山の袋に入れたもろみを
 
 上からゆっくり絞る 佐瀬式
 
 こちらは おり がでるので これとブレンドして
 
 味わいを目標にむかって調整するそうです
 
 なんでも 大平社長はサントリーのいらしたらしく
 
 ウイスキーの要素が入っているように思われました
 
Photo

 こちらは 絞った後の酒粕
 
 大吟醸の酒粕とか うーん こりゃ高級! (◉o◉)
 
Photo

 絞った後は瓶詰めの工程
 
 このシャワートンネルで40分間 シャワーを
 
 瓶がとおって出てくるそうです
 
Photo

 ラベル貼りまで一貫生産ですね
 
Photo

 こちらがそのラベル
 
 緑川さんでは 特殊で高価な紙を使用して
 
 真似されないように してらっしゃるそうです
 
Photo

 そして箱詰め 梱包
 
 この箱もくるみの繊維を入れて
 
 まさにオリジナル
 
Photo

 最後に出荷場です
 
 卸しがなくて 直接販売店だそうで
 
 日本酒はその銘柄を扱っているお店でないと
 
 買えないわけですね 

 

 ここで 見学の様子をムービーでwink
 
Photo

 見学がおわって 会議室に
 
 ここで古い時代の写真や 
 
Photo

 そして現在の ラインナップを説明していただきました
 
Photo

 奥の検査室
 
 ずらっと 試飲用に準備してくださってました
 
 両サイドの流し台のようなものは
 
 口に含んで 吐き出すときに使う為に
 
 水が周囲から流れるようなものを作ったそうです
 
Photo

  最後に 冷蔵庫からこんな貴重なものを
 
 古緑川 しかも、なんと 平成9年製造の
 
 熟成物! \(;゜∇゜)/ おお
 
 これは ちょっと意外な味でした (◉o◉)/
 
Photo

 いやぁー 大平社長と 緑川の皆様 ありがとうございました!
 
 (*^_^*)
 

|

« 小出ツアー 2014 Part 6 緑川酒造 見学編 中編 | トップページ | 小出ツアー 2014 Part 8 割烹 浦島屋 »

コメント

最後のお酒、日本酒にも古酒があるんだぁ~~!
超貴重品ですね。
ラベルの一番上の段はうちの会社のラベルと同じようです(へへ;

投稿: morihan | 2014.02.26 21:58

こんばんは!
最高の特別ツアーでしたね。
師匠があんなに毎回買ってらっしゃるのに私一度も呑んだこと無いのです...
機会があったら呑んでみたいなぁ♪

>口に含んで 吐き出すときに使う為に
 水が周囲から流れるようなものを作ったそう

歯医者さん的な流しかな?(笑)

投稿: life87 | 2014.02.26 22:49

morihanさん こんにちは (〃^∇^)

>日本酒にも古酒があるんだぁ~~!
そうなんです いろいろな試みをみなさんなさってますね
(^^)

>一番上の段はうちの会社のラベルと同じよう
へー (^^) C3ラベルかしら?


また よろしくお願いしまーす m(__)m
---------------------------------------------------------------------
life87さん こんにちは (^。^)/

>最高の特別ツアーでしたね
ちょっと ビックリこきました (^ o^;)ゞ

>機会があったら呑んでみたいなぁ♪
こんど 獺祭barいきましょうよ (^^)/

>歯医者さん的な流しかな?(笑)
あ たしかに! (^ o^;)それ買った方がいいかも

また よろしくお願いしまーす m(__)m

投稿: chandra | 2014.02.26 22:55

ぜひとも北陸十二号100%の純米吟醸酒を商品化していただきたいと思います。雪洞貯蔵の限定出荷で!

投稿: たまごサンド | 2014.02.27 00:55

ウィスキーといえば、秩父に単独の蒸留所としては35年ぶりに許可されたベンチャーウイスキー秩父蒸溜所があります。
ベンチャーと名乗りながら由緒正しい生い立ちで、30年モノを呑ませて頂いた時は日本人って凄いと思いました。
酒が好きだと車に乗れないのが玉に瑕です(笑)
X3にしてから嫁さんが運転してくれなくなり、小田原にも参加できず残念です。でも次こそは。

投稿: ful | 2014.02.27 06:43

fulさん こんにちは (^O^)

>秩父に単独の蒸留所としては35年ぶりに許可されたベンチャ
へー ウイスキーもディープですよね
わたしは ウイスキー道は全然ですけど(^_^;)

>小田原にも参加できず残念です。で
わたしも 別件があって いけませんでした
告知がちょっと遅いですよねえ (^^ゞ

また よろしくお願いいたします m(__)m
----------------------------------------
たまごサンドさん  こんにちは (^O^)

>北陸十二号100%の純米吟醸酒を商品化して
ほんとですね 純米で勝負してほしいですね
(^^)ほかはすばらしいんですから!

また よろしくお願いいたします m(__)m

投稿: chandra | 2014.02.27 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/59093284

この記事へのトラックバック一覧です: 小出ツアー 2014 Part 7 緑川酒造 見学編 後編 :

« 小出ツアー 2014 Part 6 緑川酒造 見学編 中編 | トップページ | 小出ツアー 2014 Part 8 割烹 浦島屋 »