« 厳冬 魚沼ツアー   13 只見線 只見駅 に到着 | トップページ | 厳冬 魚沼ツアー   15 そば処 薬師 再び »

厳冬 魚沼ツアー   14 只見線 只見駅 から 小出

Photo

 さて いよいよ小出行きの只見線が出発します

Photo

 すこし雪も弱くなってきましたね

Photo

 感激したのは

 駅長さんはじめ、お土産物屋さんのおねーさんまで

 手を振ってくれました

 また来てね! という熱い想いがなければできない事

 その気持ち 受け取りました 確かに

 (*゚▽゚)ノ またきます

Photo

 只見線 往復1900円

 安くありませんが 命がけで守っている路線ですもの

Photo

 雪はまさに小麦粉のように軽く

 列車が雪煙を巻き上げて疾走します

Photo

 暖かい 車内から見る窓の景色は

 それはすごいものがあります

Photo

 結構天気が良くなってきました (^_^)

Photo

 帰りの列車は そこそこお客さんが乗ってます

Photo

 この駅でも女の子が乗ってきました

 ボタンを押してドアを開けます ビー!

Photo

 魚沼田中も過ぎて 段々と小出に近づきます

Photo

 しかし、すばらしい景色だなぁー

 良く目に焼き付けておかないと

 カメラに景色を吸い取られる ってわかりますか? (^ ^;)

 だから ちゃんと肉眼で見ておかないと・・・

Img_0951

 いよいよ最後の魚野川の鉄橋を渡ります



Photo

 小出駅に到着

 あー着いちゃった・・・

Photo

 運転手さん お疲れ様でした (^_^)

Photo

 若い車掌さんもお疲れ様!

Photo

 あーまた 乗りたいなぁ〜 冬に あ、秋もいいなhappy01

|

« 厳冬 魚沼ツアー   13 只見線 只見駅 に到着 | トップページ | 厳冬 魚沼ツアー   15 そば処 薬師 再び »

コメント

いいですね〜、こういう列車に乗って時間を掛けてゆっくり景色を眺める・・・
最高に贅沢な時間なのかもしれませんね。カメラの再現力も素晴らしいですが、
やはりその瞬間に肉眼で見たものには勝てませんよね。

投稿: Detour | 2013.03.11 20:40

Detourさん こんばんは (*^_^*)

>やはりその瞬間に肉眼で見たものには勝てませんよね
はい まさに まさに そのとおり (*^_^*)/

肉眼でしっかり 記憶にとどめないと あとで 表現もできませんし
糧にもなりませんね 本当に感動しました (^_^)

また よろしくお願いしまーす m(__)m

投稿: chandra | 2013.03.11 20:58

>ボタンを押してドアを開け
御殿場線も同じですよ(笑)
若い頃これを知らなくてドアの前で開くのを待ってたら横から来た人がボタンを押して電車に乗り込むのを見て友人と唖然として顔を見合わせたことを思い出しました!
 

投稿: morihan | 2013.03.11 22:09

地元の方から見送り〜
通い詰めの口実が、またひとつ (^.^)

車窓フレーム付きフォト、車内から見慣れているのはこの形ですね。
結構、イ〜んじゃないでしょうか(^∇^)

投稿: さいえん | 2013.03.11 22:10

こんばんは!

>安くありませんが 命がけで守っている路線ですもの

このことば、確かにそうですね。
それだけ熱い想いを感じます。
乗車される方も同じ顔ぶれで、いつもの方が居ないと心配したり...こういうのって東京じゃ味わえませんね。

> だから ちゃんと肉眼で見ておかないと・・・

私もよく言われます。
シャッターチャンスを逃すまいとファインダー越しで景色をみるより、全身で感じることの方が思い出に残りますね。うん、おっしゃるとおりです。

投稿: life87 | 2013.03.11 22:38

確かにきっちり写真には収めてるのに
その現場の記憶がないってことありますね。
ファインダーにばっかり夢中になったらダメですね〜
そんなのボクだけかと思ってました!

今回の一番は小麦粉。すごっ

投稿: Hycal | 2013.03.11 23:03

大好きな魚野川の鉄橋!
雪の只見線往復1900円は決して高くありません。
ただぼーっとしているだけでこんなにも満ち足りた時間を過ごせるのですから。

投稿: たまごサンド | 2013.03.11 23:31

小出から只見までの国道は大好きなドライブルートですが、只見線の冬の旅もまた素晴らしい体験ですね。
これで1,900円は激安だと思います!
正直、いつ廃止になってもおかしくないと思うので、早いとこ乗りに行かないといけませんね。

投稿: bough | 2013.03.11 23:37

chandra様

はじめまして、こんばんは、マル運と申します。

ここ半年ほど拝見をさせて頂いてました(^^ゞ
いつも素晴らしい写真の数々、そして読んでいて楽しくなるブログを有り難うございます。

只見線・・・全線を乗りに行きたかったのですが・・・たぶん今の運休区間はそのまま廃止になりそうですよね。。。
あの只見川の上を走る橋梁区間とかが最高だったとか・・・残念です。

冬の鉄道の運行管理、いろいろなご苦労があると思うのに、手を振っての見送り・・・同業者としても感動しちゃいました。
ただ、豪雨の災害から復旧した時から通過扱いだった、田子倉駅が3.16の改正でそのまま廃止になってしまうようですね~

新潟側から只見への往復でも、行って見ようと思うブログに感動してコメントさせて頂きました。

また、これからも楽しく感動するブログを拝見させて下さい(^^ゞ

投稿: マル運 | 2013.03.12 00:08

わかりますわかります^^;
肉眼で目に焼き付けないと 全体の記憶が、、、、、
以前は良く無くなってました^^
不思議だなぁ〜と思ってましたが^^
でもここはまるで夢の世界のようですね♬

投稿: tstyle | 2013.03.12 06:13

morihanさん こんにちは (*^_^*)/"'

私もありましたねー(⌒-⌒; )

高校生くらいの時だったかな
列車で押せるボタンは これぐらいしかないですね
最初の時はドキドキしちゃったと思います(^◇^;)

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m

--------------------------------------------------
さいえんさん こんにちは (*^_^*)/"'

口実なんて考えたことありませんけれど(⌒-⌒; )
こんな素敵なすばらしいところが日本にあるんですからまた行かないやまだ行きたいです(^∇^)

窓枠の写真は 結構難しくてきちんと四角に入るっていうことと
露出がなかなか逆光になるので何枚も取り直しました(⌒-⌒; )

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m

--------------------------------------------------
life87さん こんにちは (*^_^*)/"'

まぁー運賃は計算方法で決まっているのでしょうけれど、保線のNHKの番組の動画を見ても大変なことだと思います

若い時 私もいっぱい写真を撮っていましたが まるでテレビを見ていたいかのように実際の状況がぼんやりしてることっていっぱいありました(⌒-⌒; )

後で記事にしても 写真を現像するにしても その時の情景がリアルにわからないとダメですよね
(^∇^)

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m
--------------------------------------------------
Hycalさん こんにちは (*^_^*)/"'

そうなんです!
こぼれた水をスポンジで吸い取っていくっていう感じで
それを私はカメラが風景を吸い取るって呼んでるんです
(^◇^;)

小麦粉凄いでしょう?!
実はこれでこの写真とるの大変なんです
なぜってレンズがすぐにか雪で真っ白になっちゃうんです

レンズは暖かいからすぐにびしょびしょに
(゚∀゚;)
ちょっとレンズ心配しました(⌒-⌒; )

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m

--------------------------------------------------
たまごサンドさん こんにちは (*^_^*)/"'

今回1,900円って初めて知りました
この只見線はまさにプライスレスな価値がありますよね
(^∇^)

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m
--------------------------------------------------
boughさん こんにちは (*^_^*)/"'
コメントありがとうございますm(_ _)m

保線の方も笑いながらおっしゃっていましたが 千円稼ぐのに1万円かかってちゃねーって(−_−;)
住民の方も署名活動やったり頑張ってらっしゃいますが、どうなりますか 心配です

只見線にぜひ!
それも冬の雪景色が最高です
\(^o^)

--------------------------------------------------
マル運さん こんにちは (*^_^*)/"'

こんな駄ブログを読んで頂いて お恥ずかしい限りです (^o^;)ゞ
その駄ブログももうすぐ9年ですが(⌒-⌒; )

越後川口までの一区間の鉄橋三つが落ちてしまうなんて(−_−;)
そしてそここそが素晴らしいところなんですよね( ̄O ̄;)

それをもう見ることが出来ないなんて本当に残念です(~_~;)

赤字路線とはいえ、ほぼ住民全員の署名も集まっているそうで 粋な各方面の はからいに期待したいところです(。-_-。)

気さくに話をして頂いた保線の方
笑顔で手を振って下さったお土産屋さんのおねえさん

素晴らしい駅ですね! とお声掛けしたら、ありがとうございます
とにっこり笑って下さった駅長さん
多分忘れる事はないでしょう
(^_^)☆

私のこの小さなブログで 1人でも只見線に乗る人が増えてくれればこんなうれしいことありません

一度 ぜひ足を運んでみていただけると嬉しいです(^O^)/

新緑の只見線も素敵でした 。
また行きたいと思っています。もちろん冬も(^∇^)

またよろしくお願いします m(_ _)m

--------------------------------------------------
tstyleさん こんにちは (*^_^*)/"'

住んでいらっしゃる方には申し訳ないんですけど
ほんと夢のような世界でした真っ白で

またよろしくお願いしまーす m(_ _)m

投稿: chandra | 2013.03.12 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/56860394

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬 魚沼ツアー   14 只見線 只見駅 から 小出:

« 厳冬 魚沼ツアー   13 只見線 只見駅 に到着 | トップページ | 厳冬 魚沼ツアー   15 そば処 薬師 再び »