« 今日も暑いですね〜 | トップページ | 新宿高野 本店 タカノフルーツバー その2 »

新宿高野 本店 タカノフルーツバー その1

200708191

さて、昨日は家族全員揃っていたので、ちょっとしたイベントランチを! ということで車でGo!
と、思ったら、ストラーダのおねーさんのゆかた姿。初めてみたかも・・(^_^)
200708192

ということで、首都高を高松で降りて、相変わらずの工事道路をウネウネと走行。今日は長くなりそう! ということで、以前1日上限2000円と教えていただいた三井ビルの地下駐車場に。
200708193


駐車場に着く前に、おんなどもは、駅の近くでドロップしてもらって、目的の店に急行させ、私はひとり後から新宿東口に。
200708194

地下に階段でおりて、正面入り口に到着。じゃーん、新宿高野本店
 (*゚▽゚)ノおー
200708195
いやぁー実に久しぶりの高野本店。明るい店内は、目に眩しく、ケーキがうまそう!
 (*^_^*)うほー
200708196


ケーキに目もくれず、とにかく急いで5階に直行! むむ、並んでおります。開店10分後だというのに、すでに1時間待ち!
200708197

今回の目的は、タカノフルーツバーレディスバイキング 2,625円/人。レディースということで、ここではわたしはあくまでも同伴者ということで、なんとか入店可・・・
(゚∀゚;)
200708198

みなの者を先の降ろして向かわせたのが功を奏して、すでに席を確保済み! やったぁー
    (☆゚∀゚)ノ ギリギリセーフ!
すでに怒濤のレディースさん達は、ビュッフェの列に大行列。90分間の時間制限ということなのか、すごいオーラを全員が発し、サイヤ人状態・・(^^;;)  
200708199

で、私はゆうゆうと、まずは飲み物でもと、好きなグレープジュースジュースを。
2007081910


これがさすが高野! 当たり前!という声もありますが、そのまま絞ったというフレッシュジュースは、めっちゃウマイ! ここで感動して2杯飲んだのが失敗の元・・
(-_-;) つづく・・・

|

« 今日も暑いですね〜 | トップページ | 新宿高野 本店 タカノフルーツバー その2 »

コメント

こんばんは!
新宿はどちらへ行かれたのかなぁ...と思ってました(^_^)
chandra家御用達の高野でしたかぁ。
ビュッフェバイキングなんてあるんですねぇ。ビュッフェといっても高野だけにレベルが高そうです。
それにフレッシュジュースも美味しそうですね♪
ケーキの数はこなす自信はありませんが、美味しいものを一ついただけたら幸せな気分ですよねぇ(^_^)

そうそう、先日私のブログで紹介したロールケーキの右隣のショーケースには一つ800円オーバーのミルクレープがありました。あまりの価格の高さに断念しましたが、chandraさん!お土産にどうですか?

投稿: life87 | 2007.08.20 00:26

life87さん こんにちは (^_^)/

>ビュッフェバイキングなんてあるんですねぇ。
女性専用なので、私は知りませんでしたぁー (^_^;

いやぁー果物類はさすが!の一言でした。(^_-)

>一つ800円オーバーのミルクレープがありました。
あのお店 すごいですよねー 600円台とかもいっぱいで・・
しかし800円オーバーですか・・

ちょっと無理だなぁー それだけの値打ちがあるんでしょうかぁー
(^^ゞ?


またよろしくお願いします m(__)m

投稿: chandra | 2007.08.20 12:17

こんにちは!!
>レディスバイキング
こういうバイキングがあるのですねー。当然メニューにケーキもあるのでしょうから、皆さんお店出る時はお腹がパンパンですね(笑)

濃厚なフレッシュジュースって、お腹膨らみますねー。chandraさんはどのくらい食べられたのだろう?? 

投稿: YYS | 2007.08.20 14:42

YYSさん こんにちは (^^)

怒涛の女性パワーで 参りました・・(^_^;)

本当にジュースは おなかにきました・・
野菜ジュースが失敗でした・・

またよろしくお願いしまーす m(__)m

投稿: chandra | 2007.08.20 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/16170002

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿高野 本店 タカノフルーツバー その1:

« 今日も暑いですね〜 | トップページ | 新宿高野 本店 タカノフルーツバー その2 »