« 表参道ヒルズ その2 | トップページ | 表参道ヒルズ その4 »

表参道ヒルズ その3

060214-1
やさい家めい さんを出てみると、予想を超えた長蛇の列がスロープに続いている・・・おおお・・・すげぇー あぶなかったぁ〜 館内も入場制限してはいるが、一段と混雑で、人をかき分けかき分け進む。すると、下の方から、黄色の制服を着たオネーサンにアテンドされた、紺のじみーなコートで、おかっぱ頭っぽい、どこかで見たような人がふつーに歩いてくる。あ!!!! 安藤先生だぁー! そう、この表参道ヒルズの設計者の安藤忠雄先生その人でした。サインもらえば良かったかな? 父が建築家だったから、イマイチ、オーラを感じないな・・
(^◇^;)
060214-2
とにかく、スロープを下って、一応出来るだけ見ておこう! ということで、興味の沸きそうな店は入ってみることに。後日、ガラガラになったときは入りづらくなりそうだし。ファッション関連は意外にメンズが多い。あと目に付くのは、ジュエリー関連でしょうか。ファッション関連はさすがにすごいお値段の物がありますが、バッグなどはなんとか買える物もあって、面白いものもあります。DUN HILLなんかはちょっといいと思いました。逆にポルシェデザインは、昔のオーラが感じられなくて、ふーん・・程度ですね。
060214-3
入り口にも大きな、アニメーションがありますが、そこここに、ジュリアン・オピーさんのグラフィックが飾られています。カラーのものとモノクロのなめらかに動くアニメーションのものがありますが、アニメーションのは、じーっと、その動きを眺めてしまいますね。階下の方には、テーブルウエアや、ステーショナリー関連がありますが、この手はかなり他でも見ているので、それほど、ほー! というものはありませんね。
060214-4
同潤館は、2つ程のギャラリーしかなく、狭くてなかなか入るのが困難ですが、草間弥生さんなどの参道グッズを売っているギャラリーには何とか入りました。さすが草間弥生さん、例の派手な水玉と、蛇の様な、グラデーション水玉で迫っていました。本館からは西館に行けないので、一度外に出なければいけません。出たらまた入るのは困難なので、ちょっと本館で粘ることにしました。問題のB3Fに降りていきます。

|

« 表参道ヒルズ その2 | トップページ | 表参道ヒルズ その4 »

コメント

こんばんは~
詳細なリポート楽しいです♪
あたりまえですが、綺麗でおしゃれですねw
空いてきたらいくぞ~^^

投稿: evening_sky | 2006.02.14 23:07

evening_skyさん こんにちは (*^_^*)/"""
男も行って見ることができる所で、女性ターゲット主体から少し変化の兆し
でしょうか・・・
またよろしくお願いいたしま〜す ヽ(´〜`)ノ

投稿: chandra | 2006.02.15 21:07

かっこいいなあ。「水玉」で検索してきました。
おお。草間弥生。一応松本出身なので、同郷ってことで勘弁してください。

投稿: ぽくぽく | 2006.02.16 23:49

ぽくぽくさん こんにちは (^^)/
草間さん 長野県人でしたか。 草間さんと、岡本太郎さんの目って似てるなぁ と思います。きっと、見ている物が違うのでしょうね
また、よろしくお願いいたしま〜す (o^^o)

投稿: chandra | 2006.02.17 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31493/8661010

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道ヒルズ その3:

» 水玉 [べんきょう研究所なのか?]
今日も季節はずれの雨。雨は大好きだ。窓ガラスを流れる雨が大好きだ。特に最近、2月 [続きを読む]

受信: 2006.02.16 23:53

« 表参道ヒルズ その2 | トップページ | 表参道ヒルズ その4 »